天竜二俣駅

天竜二俣駅(てんりゅうふたまたえき)は、静岡県浜松市天竜区二俣町阿蔵にある天竜浜名湖鉄道天竜浜名湖線。天竜浜名湖鉄道の本社も設けられており、天竜浜名湖線の中心的な駅となっている。

天竜二俣駅
駅舎
てんりゅうふたまた
TENRYŪFUTAMATA
上野部 (1.8 km)
(0.6 km) 二俣本町
所在地 浜松市天竜区二俣町阿蔵114-2
所属事業者 天竜浜名湖鉄道
所属路線 天竜浜名湖線*
キロ程 26.2 km(掛川起点)
電報略号 マタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
126人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1940年昭和15年)6月1日
備考 *1987年までは国鉄二俣線の遠江二俣駅

歴史

開業を機に天竜川の筏を引き入れるため貯木場が建設された。そして引き込み線を設け木材の貨物輸送を行っていた[2]

なお、1930 - 1935年にはこの駅からやや離れた二俣本町駅寄りの場所に、光明電気鉄道の二俣口駅が置かれていた。現在もプラットホームの跡が残されている。また同駅より北寄りに離れた場所には、同駅を起点とする予定であった佐久間線未成線)のトンネルが残されているが、入口は封鎖されている。

駅構造

2面3線のホームを有する地上駅であり、直営駅で、開業当時からの瓦葺き木造の駅舎がある。

駅舎よりの1番線は上り列車専用、2番線は下り列車専用、3番線は主に下り列車が使用するが、上り方にも出発信号機があるため、上下両方向の列車が入線可能な配線となっている。以前は駅舎の東側に1面1線の貨物ホームが設置されていたが、1982年に使用停止となり撤去された。また構内には長い有効長を持つ広い留置線があったが、国鉄時代の貨物輸送廃止や第三セクター移管等によって遊休地となっていたため、車両の留置に必要な部分を残して住宅地として売却されている。

駅構内で足こぎミニトロッコ(数十メートル乗って走れる)、腕木式信号機タブレットキャッチャーなどを展示している。

「本屋」、「上り上屋およびプラットホーム」、「下り上屋およびプラットホーム」、敷地内の「揚水機室」、「高架貯水槽」が国の登録有形文化財として登録されている[1]

のりば

ホーム路線方向行先
1 天竜浜名湖線 上り 掛川方面
2・3 下り 新所原方面

車両基地

駅東側に天竜浜名湖鉄道の車両基地(機関区)を併設しており、夜間滞泊の基地としても使われている。全車が両運転台のディーゼルカーとなった現在でも、蒸気機関車時代の扇形庫転車台がそのまま使われている。

運転区(旧遠江二俣機関区)建物(休憩所・事務室・浴場)、扇形庫、転車台は1998年に国の登録有形文化財に登録[3]されている。扇形庫、転車台は近代化産業遺産(続33)にも認定されている[4]2009年8月より見学記念硬券を購入すると、扇形庫や動いている転車台を見学することが可能となっている。

利用状況

「浜松市統計書」によれば、2006年度の乗車人員は1日平均147人で、天竜浜名湖線の駅の中では10番目。

近年の乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2006 147
2007
2008 133
2009 124
2010 113
2011 137
2012 123
2013 117
2014 123
2015 129
2016 129
2017 134
2018 126

駅周辺

機関車公園のC58 389

天浜線の拠点駅であるが、天竜区の二俣市街地の南東にあり、住宅・商店が点在する程度である。二俣市街地は隣の二俣本町駅の方が近い。

バス路線

遠鉄バス天竜二俣駅バス停(二俣方面は駅前ロータリー内、磐田駅方面は「機関車公園」の辺り)

隣の駅

天竜浜名湖鉄道
天竜浜名湖線
上野部駅 - 天竜二俣駅 - 二俣本町駅

脚注

  1. 文化財を登録有形文化財に登録する件 (平成23年文部科学省告示第2号) 『官報』 平成23年(2011年)1月26日付 号外・第16号 pp. 46-51
  2. 『天竜市史』下巻、1988年、488-489頁
  3. 文化庁 登録有形文化財(建造物)の紹介 天竜浜名湖鉄道機関車転車台(静岡県)
  4. 推理ドラマの中心舞台西村京太郎トラベルミステリー(56) 生死を分ける転車台 駅舎と列車が大炎上!?愛と哀しみの天竜浜名湖鉄道 青いコートの女の罠…(生死を分ける転車台~天竜浜名湖鉄道の殺意~)テレビ朝日 土曜ワイド劇場 2011年7月23日

関連項目

  • 日本の鉄道駅一覧
  • 天竜線 - 佐久間線の先行路線として開設された国鉄バス路線。現在は遠州鉄道を経て、水窪タクシーに引き継がれている。
  • 中部の駅百選 - 当駅も選定されている(第1回)。

外部リンク


This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.