天福 (日本)

天福てんぷくは、日本元号の一つ。貞永の後、文暦の前。1233年から1234年までの期間を指す。この時代の天皇四条天皇鎌倉幕府将軍は藤原頼経執権北条泰時

改元

出典

書経」(湯誥)の「善禍淫」に対する伝の「政善、天福之」より

撰進者は菅原為長。ちなみに、藤原定家はこの元号について、「福」を初めて用いたの「景福」以来大乱に縁があり、この「福」の一字を用いた元号であるとしてこれを非難している(『明月記』天福元年4月16日条)[1]。また、改元の是非を巡ってこれを支持する土御門定通二条定高と「天福」への改元に反対する広橋頼資が仗座で激論を交わし、九条道家の裁定によって「天福」に決した(『頼資卿改元定記』『民経記』『五代帝王物語』)とされ[2]、『五代帝王物語』はその後藻璧門院諒闇中に後堀河院が亡くなって、諒闇中の(文暦)改元に至ったとして、天福を「浅ましける年号也」と批判している[3]

天福期におきた出来事

西暦との対照表

※は小の月を示す。

天福元年(癸巳一月二月※三月四月五月※六月※七月八月※九月十月※十一月十二月※
ユリウス暦1233/2/113/134/115/116/107/98/79/610/511/412/31234/1/2
天福二年(甲午一月二月※三月四月五月※六月七月※八月九月※十月十一月※十二月
ユリウス暦1234/1/313/23/314/305/306/287/288/269/2510/2411/2312/22

脚注

  1. 藤本孝一「暦年数換算法と藤原定家」(初出:『日本歴史』633号(吉川弘文館、2001年)/所収:藤本『中世史料学叢論』(思文閣出版、2009年) ISBN 978-4-7842-1455-6)P275-285)
  2. 弓削繁『六代勝事記・五代帝王物語』(三弥井書店、2000年) ISBN 978-4-8382-1026-8)P238
  3. 北爪真佐夫「元号と武家」(初出:『札幌学院大学人文学会紀要』第68号(2000年9月)/所収:北爪『文士と御家人』(青史出版、2002年) ISBN 978-4-921145-13-2)。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.