天理駅

天理駅(てんりえき)は、奈良県天理市川原城町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・近畿日本鉄道(近鉄)のである。駅番号は近鉄がH35で、JRは未設定。

天理駅
駅全景(2019年11月)
てんり
Tenri
所在地 奈良県天理市川原城町
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本・駅詳細
近畿日本鉄道(近鉄・駅詳細

概要

近鉄天理駅に乗り入れる京都行きの急行電車

天理市の代表駅である。元々別々であった日本国有鉄道(JR西日本の前身)と近畿日本鉄道の天理駅が統合されて新しい天理駅が設置された経緯から、地元では天理総合駅(てんりそうごうえき)とも呼ばれており、天理総合駅前交番など一部の機関名にもこの名が使用されている。

乗り入れ路線

JR西日本の桜井線(万葉まほろば線)と、近鉄の天理線が乗り入れ、接続駅となっている。天理線は当駅が終点である。桜井線については路線案内上では「万葉まほろば線」で統一されているため、以下「万葉まほろば線」と記載する。

歴史

駅構造

JR西日本

JR 天理駅*
2019年11月
てんり
Tenri
櫟本 (2.3 km)
(3.0 km) 長柄
所在地 奈良県天理市川原城町816
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 U 桜井線(万葉まほろば線)
キロ程 9.6 km(奈良起点)
電報略号 テリ
駅構造 高架駅[1]
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
2,648人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1898年明治31年)5月11日[1]
備考 直営駅
みどりの窓口
* 改称経歴
- 1963年 丹波市駅→天理市駅
- 1965年 天理市駅→天理駅

ホームは高架の2階にあり、島式2面4線であるがこのうち通常使用されているのは3・4番のりばのみで、1・2番のりばは団体専用ホームとして使用され、普段は早朝にレール錆取りを兼ねて回送車が入線する程度で、ホームへの階段は閉鎖されている。改札口は団体専用のものも含めて1階にあり、高架下1階の南側がJRの駅施設(待合室・出改札・コンコース)となっている。

1965年の高架化当初は、2018年現在とのりばの番号の振りが逆で、現在の通常ホームが1(4)・2(3)番のりば、団体専用ホームが3(2)・4(1)番のりばだった(カッコ内が現在の番号)[4]

王寺鉄道部が管理している直営駅で、ICカード乗車券ICOCA」の利用エリアの近畿圏エリアに含まれている[8]自動改札機エレベーターが設置されている。

のりば

のりば路線方向行先
1・2 (団体専用ホーム)
3 U 万葉まほろば線 上り 奈良京都方面
4 下り 桜井高田方面
  • 路線名、行先はJRおでかけネットの表記をもとにした[9]

天理電留線

駅の北方には留置線があり、日中は臨時列車、夜間は大和路線・奈良線の列車が留置されている。以前は天理駅1番線および留置線は非電化であったが、2008年3月15日のおおさか東線開業により奈良電車区構内および王寺駅留置線が過密化するために電化された。併せて乗務員宿泊所も設けられている。

近畿日本鉄道

近鉄 天理駅
2019年11月
てんり
Tenri
H34 前栽 (1.3 km)
所在地 奈良県天理市川原城町815
駅番号  H35 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 H 天理線
キロ程 4.5 km(平端起点)
電報略号 テン
駅構造 地上駅
ホーム 4面3線
乗車人員
-統計年度-
6,659人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1915年大正4年)2月7日[1]

天理線は1階にJR西日本とは直角に西方から乗り入れている。ホームは頭端式ホーム4面3線を有する地上駅で、駅西側には引き上げ線がある。普段は2番乗り場と3番乗り場を使用しており、天理教月次祭などの際は1番乗り場を使用することがある。

ダイヤ面
  • 当駅を発着する列車の多くは平端行き普通となっており、一部時間帯は大和西大寺駅直通の普通列車、朝と夕方に京都駅発着の急行、朝に大和西大寺駅発着の急行(平日の当駅始発と土休日の当駅到着が各1本)がそれぞれ設定されている[10]
  • 日中時間帯は平端駅発着の普通列車が毎時2本、大和西大寺駅直通の普通列車が毎時1本、合計3本の列車が約20分間隔で運転されている[10]
駅設備・営業面

のりば

のりば路線行先
1~3 H 天理線 大和西大寺京都方面[13]
駅構内の様子(2008年1月2日)

利用状況

定期外利用者で最も多いのは天理教本部へ向かう同教信者の利用(いわゆる「おぢばがえり」)である。毎月26日の月次祭を始めとする祭礼時には、近鉄・JRともに臨時列車団体専用列車(通称:天理臨)が運転され、多数の信者が乗降する。その間は臨時ダイヤグラムになることもある。

天理市統計情報によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 JR西日本 近鉄
1日平均
乗車人員
1日平均
乗車人員
1997年3,7359,334
1998年3,6699,147
1999年3,5058,773
2000年3,4498,561
2001年3,2078,280
2002年3,0428,016
2003年2,9407,907
2004年2,8497,742
2005年2,8577,660
2006年2,9487,737
2007年2,8527,456
2008年2,8297,383
2009年2,7697,046
2010年2,7577,139
2011年2,6446,979
2012年2,6606,833
2013年2,7536,949
2014年2,6856,802
2015年2,7846,803
2016年2,6766,700
2017年2,6486,659

近畿日本鉄道

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[14]

駅周辺

駅前の様子(2008年1月2日)
駅前広場にできた「コフフン」

バス路線

天理市コミュニティバス「いちょう号」苣原線の標柱

路線バス

奈良交通による路線バスが運行されている。(2020年10月1日現在)

  • 1番のりば
  • 2番のりば
    • 18系統:針インター(天理北大路・国道櫟本・<名阪国道>経由)※平日のみ
    • 21系統:山辺高校(天理北大路・国道櫟本・<名阪国道>・針インター経由)
    • 52系統:シャープ総合開発センター(天理北大路、国道櫟本経由)※朝夕のみ
  • 3番のりば
    • 52系統:シャープ総合開発センター(昼間のみ)
    • 55系統:シャープ総合開発センター(昼間のみ、憩の家病院経由)
    • 65系統:シャープ総合開発センター(昼間のみ、憩の家外来棟経由)
    • 64・66系統:憩の家外来棟(休日運休)※64系統は桜井駅北口始発
    • 50系統:JR奈良駅西口(天理北大路・国道櫟本・近鉄奈良駅経由)
    • 82系統:JR奈良駅西口(憩の家病院・国道櫟本・近鉄奈良駅経由)
    • 92系統:JR奈良駅西口(憩の家病院・憩の家外来棟・国道櫟本・近鉄奈良駅経由)
    • 182系統:JR奈良駅西口(憩の家病院・国道櫟本・奈良東病院・近鉄奈良駅経由)※土休日のみ
    • 192系統:JR奈良駅西口(憩の家病院・憩の家外来棟・国道櫟本・奈良東病院・近鉄奈良駅経由)※平日のみ

天理市コミュニティバス 「いちょう号」

  • 西部線[17]結崎駅
  • 東部線[18]:苣原(ちしゃわら)経由下山田(1日4便)、天理北中学校(平日朝1便、苣原始発で運行)

高速バス

高速バスは以下の路線が運行されている。

その他

隣の駅

西日本旅客鉄道
U 万葉まほろば線(桜井線)
快速(高田駅経由大和路線直通)・普通
櫟本駅 - 天理駅 - 長柄駅
近畿日本鉄道
H 天理線
  • 臨時特急発着駅(天理教月次祭<毎月26日>および、その他天理教の祭事時に運行される臨時列車。)
急行・普通
前栽駅 (H34) - 天理駅 (H35)

脚注

  1. 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』42号 阪和線・和歌山線・桜井線・湖西線・関西空港線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年5月16日、22-23頁。
  2. 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』3号 近畿日本鉄道 2、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月29日、11-13頁。
  3. 近畿日本鉄道株式会社『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』近畿日本鉄道、2010年12月、674頁。全国書誌番号:21906373
  4. 交通 - 駅・鉄道・奈良を走る機関車奈良県立図書情報館・ITサポーターズ)掲載の写真より。
  5. ICOCAをご利用いただけるエリアが桜井線へ広がりますインターネットアーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2004年12月22日
  6. “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年2月28日閲覧。
  7. 桜井線の愛称名「万葉まほろば線」に決定!(インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2009年12月24日
  8. ご利用可能エリア 近畿圏エリア|ICOCA:JRおでかけネット - 西日本旅客鉄道
  9. 天理駅│構内図:JRおでかけネット - 西日本旅客鉄道
  10. 近鉄時刻表2018年3月17日ダイヤ変更号、p.186 - p.205・p.344 - p.362
  11. 『HAND BOOK 2010』、近畿日本鉄道総合企画部編、2010年9月
  12. 近鉄時刻表2018年3月17日ダイヤ変更号、p.70 - p.87
  13. 近鉄電車ご利用案内|時刻表|天理駅 (日本語). www.kintetsu.co.jp. 2018年8月13日閲覧。
  14. 駅別乗降人員 奈良線 橿原線 天理線 - 近畿日本鉄道
  15. 天理駅前広場空間デザインの最優秀提案者は「デザインオフィスnendo/佐藤オオキ」氏に決定天理市、2014年
  16. 天理駅前広場空間デザインプロジェクトnendo, 2014.05
  17. 1日5便、うち内回り3便・外回り2便の運行。土休日運休。結崎駅は川西町にある。コミュニティバス「いちょう号」(西部線)”. 天理市. 2020年12月30日閲覧。
  18. 奈良交通が運行していた28・29系統(苣原経由国道針・針インター方面)の補完・代替。憩の家外来棟経由で運行。12月29日~1月3日は運休。コミュニティバス「いちょう号」(東部線)”. 天理市. 2020年12月30日閲覧。
  19. 奈良交通グループホームページ/高速バス/リムジンバス - 奈良交通
  20. 奈良交通グループホームページ/高速バス/夜行高速バス - 奈良交通
  21. 奈良交通グループホームページ/高速バス/夜行高速バス - 奈良交通
  22. 奈良交通グループホームページ/高速バス/夜行高速バス - 奈良交通

参考文献

  • 川島令三『東海道ライン 全線・全駅・全配線(9) 奈良・東大阪』講談社、2009年。ISBN 978-4-06-270019-1。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.