天津神・国津神

天津神は高天原にいる神々、または高天原から天降った神々の総称、国津神は地(葦原中国)に現れた神々の総称とされている[2]

天津神・国津神(あまつかみ・くにつかみ)は、日本神話に登場するの分類である[1]

概要

日本神話において、国津神がニニギを筆頭とする天津神に対して国土(葦原中国)の移譲を受け入れたことを国譲りとして描かれている[1]。これはヤマト王権によって平定された地域の人々(蝦夷隼人など)が信仰していた神が国津神に、ヤマト王権の皇族や有力な氏族が信仰していた神が天津神になったものと考えられる[1]。国津神については、記紀に取り入れられる際に変容し、本来の伝承が残っていないものも多い[3]日本書紀ではある文(『日本書紀』の大半の巻に「一書曰」「或本云」など)として伝承等を引用しているが、その元の記録文書は後世では失われてしまった[3]

」は、上代日本語の格助詞で、現代語の「の」のことで、天の神・国の神という意味であり[4]、「天つ神」、「国つ神」と表記することもある[5]

漢字で天津神を「天神」(てんじん)、国津神を「地祇」(ちぎ)とも言い、併せて「天神地祇」「神祇」と言う[1][6]。「天神地祇」「神祇」という呼称は中国の古典に見えそれが出典という説も存在するが[7]、日本のものとは概念が全く異なる別ものである[1]

なお高天原から天降ったスサノオや、その子孫である大国主などは国津神とされている[2]

主要な神々

天津神

国津神

脚注

  1. 薗田稔、茂木栄 『日本の神々の事典 神道祭祀と八百万の神々』 学研
  2. 戸部民夫 『八百万の神々 日本の神霊たちのプロフィール』 新紀元社
  3. 藤巻一保 『古事記外伝 正史から消された神話群』 学研
  4. 菅田正昭 『面白いほどよくわかる神道のすべて』 日本文芸社
  5. 山折哲雄、田中治郎 『面白いほどよくわかる日本の神様 古事記を彩る神々の物語を楽しむ』 日本文芸社
  6. 山北篤 『東洋神名事典』 新紀元社
  7. 窪徳忠『庚申信仰の研究-日中宗教文化交渉史』(日本学術振興会 昭和36年)26頁

資料

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.