大谷晃一

大谷 晃一(おおたに こういち、1923年11月25日 - 2014年5月25日)は、作家評論家帝塚山学院大学名誉教授・元学長

略歴

大阪府生まれ。関西学院大学法文学部卒業後、朝日新聞社入社。大阪本社学芸部次長、編集委員を歴任、その間の1971年、「続関西名作の風土」で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。1979年、帝塚山学院大学教授就任。1997年には、同大学の学長に就任。2001年に退官後、同大学名誉教授となる。大阪を中心とした伝記文学歴史小説、近代日本文学研究で著書多数。『大阪学』シリーズはロングセラーで、個別都市学もののさきがけとなった。また、沖積舎から『大谷晃一著作集』全6巻を刊行。帝塚山学院大学学長在任中の1999年10月から2007年頃までは、MBSテレビ平日午後の情報番組ちちんぷいぷい』に、「ぷいぷい顧問団」(コメンテーター)の一員として出演していた。

2014年5月25日午後1時20分、老衰のため兵庫県伊丹市内の有料老人ホームで死去した。90歳[1]

著書

  • 関西名作の風土 創元社, 1968
  • 関西名作の風土 続 創元社, 1971
  • おんなの近代史 風雪を生きた五六人の証言 講談社, 1972
  • 生き愛し書いた 織田作之助伝 講談社, 1973、改訂版・沖積舎, 2013
  • 手仕事のおんな 朝日新聞社, 1975
  • 大阪歴史散策 保育社カラーブックス, 1976
  • 現代職人伝 朝日新聞社, 1978
  • 評伝梶井基次郎 河出書房新社, 1978
  • 文学の土壌 駸々堂出版, 1979
  • 大阪文学散歩 保育社カラーブックス, 1981
  • 評伝武田麟太郎 河出書房新社, 1982
  • 鴎外、屈辱に死す 人文書院, 1983
  • 楠木正成 河出書房新社, 1983、河出文庫, 1988
  • 歌こそわが墓標 昭和無名歌人伝 人文書院, 1984
  • 仮面の谷崎潤一郎 創元社, 1984
  • 表彰の果て 編集工房ノア, 1985
  • 大阪の歴史を歩く 創元社, 1985
  • 上田秋成 トレヴィル, 1987
  • ある出版人の肖像 矢部良策と創元社 同, 1988
  • 楠木正儀 河出書房新社, 1990
  • 大いなる坂 聖と俗の巨人蓮如 河出書房新社, 1990、新版「蓮如」学陽書房人物文庫 1998
  • 井原西鶴 河出書房新社, 1992
  • 西鶴文学地図 編集工房ノア, 1993
  • 石山本願寺の興亡 河出書房新社, 1993
  • 大阪学 経営書院, 1994 のち新潮文庫、新編・朝日文庫
  • 大阪学 続 経営書院, 1994 のち新潮文庫
  • 与謝蕪村 河出書房新社, 1996
  • わが町大阪 編集工房ノア, 1997
  • 大阪学 世相編 経営書院 1998 のち新潮文庫
  • 阪神タイガース学 ザ・マサダ, 1999 改題「大阪学 阪神タイガース編」新潮文庫
  • 大阪学 文学編 編集工房ノア, 1999 のち新潮文庫
  • 西鶴に学ぶ人生の極意 大阪学特別講義 東洋経済新報社, 2000
  • 文楽の女たち 文春新書, 2002
  • 大阪学余聞 編集工房ノア, 2005
  • 大谷晃一著作集 全6巻、沖積舎, 2008-09
  • 余生返上 編集工房ノア, 2014

レギュラー番組

脚注

  1. 訃報:大谷晃一さん90歳=作家、元帝塚山学院大学長 Archived 2014年5月25日, at the Wayback Machine. 毎日新聞 2014年5月25日

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.