大薗恵美

大薗 恵美(おおその えみ、1965年 - )は日本経営学者一橋大学大学院経営管理研究科教授

人物・経歴

静岡県立浜松北高等学校を経て、1988年に一橋大学商学部を卒業し、住友銀行(現:三井住友銀行)入行。大学では竹内弘高教授のゼミに参加。ほかに、テニスサークルCANNONや国際部に所属。

住友銀行ではお茶の水支店に配属されるが、1989年に退社し、大学2年のときから交際していた大蔵省職員の大薗治夫(後に上海エクスプローラー代表取締役、作家)と結婚、ワシントンD.C.に移る[1]。1990年からジョージ・ワシントン大学経営大学院に通い、1992年9月同修了、MBA取得。1997年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学。博士課程では野中郁次郎教授のゼミに参加。

1997年一橋大学助手、1998年早稲田大学アジア太平洋研究センター専任扱い客員講師、1998年3月一橋大学博士(商学)。2000年一橋大学国際企業戦略研究科専任講師、2002年一橋大学国際企業戦略研究科助教授、2010年一橋大学国際企業戦略研究科教授。

この間2004年から日新火災海上保険株式会社顧問、2005年から同社取締役、2006年からりそな銀行取締役、2010年から電通開発アドバイザー[2]、2011年からりそなホールディングス取締役・報酬委員会委員、2012年から株式会社ローソン取締役、りそなホールディングス取締役・ 指名委員会委員。2017年、東京海上日動火災保険監査役[3]産業構造審議会臨時委員、シティグループ・ジャパン・ホールディングス合同会社アドバイザリーボード、朝日新聞社朝日企業市民賞審査委員、日本取締役協会成長戦略委員会副委員長なども務める[4][5]。 2020年、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループのグローバル・アドバイザリーボード委員[6]

著書

  • 『イノベーションの実践理論』白桃書房,2006
  • Extreme Toyota : Radical Contradictions That Drive Success at the World's Best Manufacturer, John Wiley & Sons,2008

脚注

  1. 竹内弘高「日本の競争戦略」平成15年7月15日
  2. 電通ニュースリリース平成 22 年 7 月 12 日企業イノベーションを支援するコンサルティング・プログラム 「電通 企業イノベーション・コンサルティング」を開発
  3. 「東京海上日動火災保険 」2017/2/15付日本経済新聞 朝刊
  4. 株式会社りそな銀行2012年有価証券報告書
  5. 「教員の紹介」一橋大学
  6. グローバル・アドバイザリーボード新委員の選任について
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.