大篠津町駅

大篠津町駅(おおしのづちょうえき)は鳥取県米子市大篠津町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)境線である[3]妖怪の名前から取られた愛称は砂かけばばあ

大篠津町駅*
構内(2006年11月3日)
おおしのづちょう
Ōshinozuchō
(砂かけばばあ駅)
和田浜 (1.4 km)
(1.6 km) 米子空港
所在地 鳥取県米子市大篠津町2211
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 C 境線
キロ程 11.1 km(米子起点)
電報略号 ミサ(御崎口時代)、オソ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
118人/日
-2018年-
開業年月日 1987年昭和62年)11月1日[1]
備考 無人駅
* 2008年に御崎口駅から改称。
** 御崎口駅時代の記録[2]

歴史

美保飛行場(米子空港)の拡張工事に伴って大篠津駅を800m境港側の新線上に移転し、2008年(平成20年)6月15日に米子空港駅に改称した[4]際、「大篠津の駅名を残してほしい」という住民の要望により、大篠津町内にあった当駅が御崎口駅(みさきぐちえき)から改称した[3]

年表

  • 1987年昭和62年)11月1日 - 境線の和田浜駅 - 大篠津駅(現・米子空港駅)間に、御崎口駅として新設開業[1]。同じ境線の富士見町駅、三本松口駅、高松町駅、馬場崎町駅と共に同年4月のJR西日本の発足以来初めての新設駅である[広報 1]
  • 2005年平成17年)3月31日 - 米子市(第2次)成立に伴い、所在地表示が鳥取県米子市大篠津町になる。
  • 2008年(平成20年)6月15日 - 隣の大篠津駅が米子空港駅に改称されたのと同時に、当駅も大篠津町駅に改称[4]
  • 2019年(平成31年)3月16日 - 車載型IC改札機により、ICOCAが利用可能となる。

駅構造

境港方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅停留所)。駅の設備はホームのみであり、駅舎はないが、ホーム手前に小屋風の待合所がある。米子駅管理の無人駅であり、かつてはホーム境港寄りに設置された出入口に乗車駅証明書発行機が設置されていた。後付けの駅であるためか、ホーム幅が狭い。

利用状況

1日の平均乗降人員は以下の通りである。[5][6]

乗降人員推移
年度 1日平均人数
2007年 122
2008年
2009年
2010年
2011年 149
2012年 147
2013年 151
2014年 152
2015年 148
2016年 140
2017年 136
2018年 118

駅周辺

隣の駅

西日本旅客鉄道
C 境線
和田浜駅(つちころび駅) - 大篠津町駅(砂かけばばあ駅) - 米子空港駅(べとべとさん駅)

関連項目

脚注

出典

  1. “JR西日本 新駅その後 地域発展に大きな役割”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1996年11月11日)
  2. 米子市交通バリアフリー基本構想 (PDF)”. 米子市. p. 7 (2009年2月). 2011年11月22日閲覧。
  3. 柏樹利弘 (2015年5月21日). “10日間 JR境線:6日目 商店街に昔の大篠津駅ベンチ”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 鳥取全県版
  4. 日本鉄道旅行地図帳 11号 中国 四国』新潮社、2009年、47頁。ISBN 978-4-10-790029-6。
  5. 国土数値情報(駅別乗降客数データ)2011-2015年 - 国土交通省、2019年7月4日閲覧
  6. 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2020年9月13日閲覧

広報資料・プレスリリースなど一次資料

  1. "データで見るJR西日本2019:駅" (PDF). 西日本旅客鉄道. 2019. 2020年2月1日時点のオリジナル (PDF)よりアーカイブ。2020年4月26日閲覧

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.