大竹博吉

大竹 博吉(おおたけ ひろきち、1890年3月8日 - 1958年1月22日)は、日本の出版人、ソ連研究家。

経歴

愛知県額田郡岡崎町大字康生(現・岡崎市)で人力車夫をしていた大竹岩吉の三男として生まれた[1]。尋常小学連尺学校(現・岡崎市立連尺小学校)1年の時に横浜市に移住。小学校卒業後、印刷工として小僧奉公に出る。文選の技術を習得すると郷里の岡崎に戻り、籠田町の手島喜代三郎の岡崎活版所に就職[2]。文章を認められ、まもなく日刊新聞『新三河』の編集部に抜擢される。「新三河は停雪(大竹の雅号)でもっている」と言われたほど評判を呼んだという。のち上京し、『國民新聞』や『東京日日新聞』、『読売新聞』などで記者を務めた[1]

ウラジオストク東洋学院(現・極東連邦大学)卒業。1923年、『東方通信』モスクワ特派員となる。1931年、ソ連図書輸入商社ナウカ社を設立。日ソ親善運動をおこなう。

ファシズムの波が強まる中で、スパイ容疑で投獄される[2]。ナウカ社は1936年に解散を余儀なくされた。

戦後は民主主義科学者協会に属し、ソビエト研究者協会幹事、日ソ協会理事などともに[3]、新聞及出版用紙割当委員会の委員を務めた[4]イヴァン・ミチューリンを日本に紹介し、ヤロビ農法の普及や1954年の日本ミチューリン会発足に重要な役割を果たした[5]。広尾猛、瓜生信夫の別名をもつ。

1958年1月22日、がんにより死去. 67歳没。墓は岡崎市の大樹寺にある[6]

著書

  • 『ソヴエト・ロシアの実相を語る』平凡社, 1933
  • 『新露西亜風土記』章華社, 1934
  • 『ロシア革命史』ナウカ社, 1950
  • 『大竹博吉・遺稿と追憶』 大竹会, 1961

共著

  • 『農業生物学』 北垣信行 ナウカ社, 1950
  • ルイセンコとその学説 主著“農業生物学"の解説』 北垣信行 ナウカ社, 1951

翻訳

  • 『革命と性生活 社会学的・生物学的調査』 ゲリマン 広尾猛訳 ロシア問題研究所, 1928
  • 『労働革命の真相 ボリシェヴィキ独裁政治の時代』 ペ・ミリュコフ ロシア問題研究所, 1929
  • 『ソヴェト外交十年史』 エム・タニン 広岡光治共訳 上野書店, 1929
  • 日露戦争と露西亜革命』 ウィッテ ロシア問題研究所, 1930
  • 『婦人労働革命 経済の進化における婦人の労働』 アレクサンドラ・コロンタイ 内外社, 1930
  • 『世界人伝記叢書 第3 レーニン エヌ・クレプスカヤ夫人』 春陽堂, 1931
  • 『これがモスクワだ!』 ジナイダ・リヒテル 内外社, 1931
  • 『満洲と日露戦争』 訳編 ナウカ社, 1933
  • 『建築ファンタジア』 ヤコフ・チェルニホフ ナウカ社, 1933
  • 『最近のソヴェト建築』 訳編 ナウカ社, 1934
  • 『ソヴエト科学の達成』聯邦アカデミヤ 岡邦雄共訳 ナウカ社, 1935
  • 『叛乱・暗殺・陰謀政治の時代』ウイッテ ナウカ社, 1936
  • 『文学論』 ゴリキイ 言叢社, 1937
  • 『太平洋周航記』 ヴシリイ・ミハイロヴィチ・ゴロウニン 丸山政男共訳 羽田書院, 1943
  • 『レーニン主義の理論と実践』 アドラッキー 北野道彦,河野重弘,瓜生信夫共訳 ナウカ社, 1946
  • 『原則と方法 ミチューリンとその学説』 訳編 ナウカ社, 1950
  • 『自然と人間のたたかい 山,砂漠,河,海と人間たちの物語』イリン 伊藤新一,広尾猛共訳編 三一書房, 1951
  • 『ソヴェト生物学論争』 石井友幸共監訳 ナウカ出版部, 1954

脚注

  1. 『岡崎の人物史』岡崎の人物史編集委員会、1979年1月5日、232頁。
  2. 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、61頁。
  3. 大竹博吉 おおたけ-ひろきちデジタル版 日本人名大辞典+Plus
  4. 東海タイムズ』1960年9月12日。
  5. 柳下登「日本ミチューリン会とその運動の歴史」、『科学者運動の証言』白石書店、1978年、pp.147-149
  6. 『岡崎の人物史』岡崎の人物史編集委員会、1979年1月5日、233頁。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.