大石進一

大石 進一(おおいし しんいち、1953年5月9日 - )は日本の応用数学者。ソリトン、ホモトピー法などの非線形の構成的解析の研究を経て、1990年より精度保証付き数値計算の研究に従事し[1]文部科学省科研費の特別推進研究や3度にわたるJST CREST[2]の研究費をはじめとして国から大きな支援を受けた[3]。2012年紫綬褒章受章[4]。2014年9月より早稲田大学理工学術院長。早稲田大学理工学術院基幹理工学部応用数理学科教授。

大石 進一
国籍 日本
研究分野 応用数学
数値解析
精度保証付き数値計算
研究機関 早稲田大学
出身校 早稲田大学
博士課程
指導学生
柏木雅英
尾崎克久
荻田武史
山中脩也
高安亮紀
関根晃太
森倉悠介
主な業績 精度保証付き数値計算
INTLABの開発に協力
主な受賞歴 紫綬褒章
小野梓記念賞
大川出版賞
日本応用数理学会論文賞
日本応用数理学会業績賞
電子情報通信学会論文賞
電気通信普及財団テレコムシステム技術賞
プロジェクト:人物伝

経歴

1976年3月早稲田大学理工学部電子通信学科卒業、1978年3月早稲田大学大学院博士前期課程修了、1981年3月早稲田大学大学院博士後期課程終了。工学博士(早稲田大学)。論文の題は「非線形信号伝送系における波動伝搬に関する研究 : ソリトン波及びその周辺に関する解析」[5]

1980年4月早稲田大学理工学部助手、1982年4月早稲田大学理工学部専任講師、1984年4月早稲田大学助教授、1989年4月早稲田大学教授、2010年9月早稲田大学理工学術院基幹理工学部長、2014年9月早稲田大学理工学術院長[6]

受賞・受章

著書

  • 『精度保証付き数値計算の基礎』 コロナ社 2018/7発行 (柏木雅英, 尾崎克久, 荻田武史, 山中脩也, 高安亮紀, 関根晃太, 森倉悠介, S. Rump と共著)
  • 計算科学のためのHPC技術1, 下司雅章 編/片桐孝洋,中田真秀,渡辺宙志,山本有作,吉井範行,Jaewoon Jung,杉田有治,石村和也,大石進一,関根晃太,森倉悠介,黒田久泰 著, 978-4-87259-586-4, 2017年03月, 大阪大学出版会.
  • 『応用数理ハンドブック』(日本応用数理学会20周年記念出版)、薩摩順吉杉原正顯と共編 朝倉書店 2013.
  • 『回路理論』 コロナ社 2013/5発行
  • 『シミュレーション辞典』日本シミュレーション学会編(編集委員会委員長:大石進一)、コロナ社 2012.
  • 『待ち行列理論』 コロナ社 2003/5発行 ISBN 9784339060737
  • 『MATLABによる数値計算』 培風館 2001/7発行 ISBN 4-563-01495-8
  • 『微積分とモデリングの数理』 朝倉書店 2000/11発行 ISBN 4-254-28501-9
  • 『Linux数値計算ツール』 コロナ社 2000/10発行 ISBN 4-339-02378-7
  • 『精度保証付き数値計算』 コロナ社 1999/12発行 ISBN 4-339-02605-0
  • 『数値計算』 裳華房 1999/03発行 ISBN 4-7853-1514-8
  • 『電子情報通信と数学』 電子情報通信学会 編 1998/02発行 ISBN 4-88552-149-1
  • 『非線形解析入門』 コロナ社 1997/04発行 ISBN 4-339-02600-X (関数解析学の教科書)
  • 『グラフィックス』 牧野光則と共著 日本評論社 1994/07発行 ISBN 4-535-60816-4
  • 『例にもとづく情報理論入門 』 講談社 1993/06発行 ISBN 4-06-153803-9
  • 『フーリエ解析』 岩波書店 1989/06発行 ISBN 4-00-007776-7

代表的な論文

計算機援用証明

  • Hoffman, N., Ichihara, K., Kashiwagi, M., Masai, H., Oishi, S., & Takayasu, A. (2016). Verified computations for hyperbolic 3-manifolds. Experimental Mathematics, 25(1), 66-78.

高精度計算・エラーフリー変換

数値線形代数

最適化問題

  • Oishi, S., & Tanabe, K. (2009). Numerical Inclusion of Optimum Point for Linear Programming. 日本応用数理学会 Letters, 1, 5-8.

数値積分

  • Yamanaka, N., Okayama, T., Oishi, S., & Ogita, T. (2010). A fast verified automatic integration algorithm using double exponential formula. Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, 1(1), 119-132.
  • Yamanaka N., Okayama T., Oishi S. (2016) Verified Error Bounds for the Real Gamma Function Using Double Exponential Formula over Semi-infinite Interval. In: Kotsireas I., Rump S., Yap C. (eds) Mathematical Aspects of Computer and Information Sciences. MACIS 2015. Lecture Notes in Computer Science, vol 9582. Springer, Cham.

高性能計算

  • Morikura, Y., Ozaki, K., & Oishi, S. (2013). Verification methods for linear systems using ufp estimation with rounding-to-nearest. Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, 4(1), 12-22.
  • Ozaki, K., Ogita, T., Oishi, S., & Rump, S. M. (2012). Error-free transformations of matrix multiplication by using fast routines of matrix multiplication and its applications. Numerical Algorithms, 59(1), 95-118.

ODE/PDEの解に対する精度保証付き数値計算

  • Liu, X., & Oishi, S. (2013). Verified eigenvalue evaluation for the Laplacian over polygonal domains of arbitrary shape. en:SIAM Journal on Numerical Analysis, 51(3), 1634-1654.
  • Liu, X., & Oishi, S. (2013). Guaranteed high-precision estimation for interpolation constants on triangular finite elements. Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics, 30(3), 635-652.
  • Oishi, S. (1995). Numerical verification of existence and inclusion of solutions for nonlinear operator equations. en:Journal of Computational and Applied Mathematics, 60(1-2), 171-185.
  • Oishi, S. (1994). Two topics in nonlinear system analysis through fixed point theorems. IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, 77(7), 1144-1153.
  • Y. Kanazawa and S. Oishi (2002), "A numerical method of proving the existence of solutions for nonlinear ODEs using affine arithmetic". Proc. SCAN'02 - 10th GAMM-IMACS International Symposium on Scientific Computing, Computer Arithmetic, and Validated Numerics.

脚注

  1. 大石進一、「なぜ精度保証付き数値計算の研究を追求したか -私の研究の原点-」『電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review』 2008年 2巻 2号 p.2_9-2_19, doi:10.1587/essfr.2.2_9, 電子情報通信学会
  2. Core Research for Evolutional Science and Technology
  3. 精度保証付き数値計算の基礎』 コロナ社 2018/7発行
  4. 大石進一理工学術院教授が紫綬褒章を受章 精度保証付き数値計算の研究が高く評価されました
  5. 博士論文書誌データベースによる
  6. http://www.oishi.info.waseda.ac.jp/~oishi/index-j.html
  7. 令和2年度 文化功労者”. 文部科学省 (2020年11月3日). 2020年11月9日閲覧。

外部リンク


先代:
山川宏
早稲田大学理工学術院長
2014年 - 2016年
次代:
竹内淳
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.