大津宿

大津宿(おおつしゅく、おおつじゅく)は東海道53番目(→東海道五十三次)の宿場で、現在は滋賀県大津市。東海道五十三次中最大の宿場。

歌川広重『東海道五十三次・大津』
歌川広重『木曽街道六十九次・大津』

車石の敷設

江戸時代、大津と京都を結ぶ旧東海道の区間では牛車の往来をスムーズにするために道に「車石」と呼ばれる花崗岩の石が敷かれた[1]明治時代馬車の利用が進むと車石は撤去され、撤去された車石は石垣などに利用された[1]

最寄り駅

大津宿から三条大橋までは、京阪電鉄京津線および京都市営地下鉄東西線が並行している。

史跡・みどころ

三条大橋までの史跡・みどころ

隣の宿

東海道
草津宿 - 大津宿 - (髭茶屋追分) - 三条大橋
            │
            └─── 伏見宿伏見街道奈良街道

脚注

参考文献

  • 児玉幸多 『中山道を歩く』 中公文庫、1988年 ISBN 4122015561

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.