大江音人

大江 音人(おおえ の おとんど/おとひと)は、平安時代初期から前期にかけての公卿学者兵部少丞大枝諸上の孫、備中権介・大枝本主の嫡男。官位従三位参議

 
凡例
大江音人
大江音人/『前賢故実』より
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 弘仁2年(811年
死没 元慶元年11月3日877年12月11日
別名 号:江相公
官位 従三位参議
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇
氏族 大江氏
父母 父:大枝本主、母:中臣石根娘
公幹玉淵千里宗淵染淵、千秋、千古、春潭、千枝

経歴

紀伝道について菅原清公に師事、天長10年(833年文章生承和4年(837年文章得業生に補せられる。『六国史』に記述はないが承和9年(842年)に発生した承和の変連座して一時尾張国配流されたことが『公卿補任』に見られる。後に音人の子孫である大江匡衡が尾張守を務めた際に、先祖の音人がこの地に流されていたことを記していることから[1]、配流の件は事実であったとみられている。承和11年(844年)赦されて帰洛後、承和12年(845年対策に及第、少内記を経て、承和15年(848年従五位下叙爵され、大内記に昇進する。

嘉祥3年(850年皇太子・惟仁親王の東宮学士に転任。文徳朝では東宮学士を務める傍ら、民部少輔・大内記・左少弁を兼ね、仁寿4年(854年)には従五位上に昇叙されている。

天安2年(858年)惟仁親王の即位清和天皇)に伴い正五位下に叙せられ、まもなく右中弁に任ぜられる。清和朝では弁官を務めながら順調に昇進し、貞観2年(860年従四位下、貞観5年(863年)右大弁と叙任。貞観6年(864年)には参議に任ぜられ公卿に列した。貞観8年(866年)従四位上・正四位下と続けて昇叙される。また同年に発生した応天門の変においては、応天門放火の嫌疑により左大臣源信の邸宅を囲んだ遣使に対して、清和天皇の勅令を受けて右大弁として左中弁・藤原家宗とともに慰諭を行い、源信の嫌疑を晴らしている[2]

同年10月に大枝から大江へと改姓しているが、(分家)が大きいと、本体である木の(本家)が折れる(下克上)事にも繋がり不吉である、との理由であった。しかし大枝姓は桓武天皇より与えられたものであることから、全面的に変更するわけにもいかず、読み方はそのままで漢字表記のみの変更に留めた。また、大きな川(江)の様に末永く家が栄えるように、との意味があるという[3]

のちに、議政官(参議)として左大弁・勘解由長官左兵衛督検非違使別当などを兼ねた。またこの間の貞観16年(874年)には従三位に昇叙されている。また、清和天皇に対して『史記』の進講も行っている。

元慶元年(877年)11月3日薨去享年67。最終官位は参議従三位行左衛門督。

出自

一説によると、音人は阿保親王の長子であるが、音人が生まれる前年に親王が薬子の変の連座で大宰府に左遷されたため、大枝本主の養子になった、あるいは、母(中臣氏)は阿保親王の侍女で、阿保親王の子を身籠もった後に、本主の妻となり音人を産んだ[4]といわれ、在原行平在原業平らと兄弟だともされる[5]。音人の出自については、以下の議論がある。

  • 音人が承和の変において処罰された事実と、同変の密告者とされる阿保親王が事件直後に急死した際に親王の遺児を庇護するように命じた仁明天皇が矛盾することから、音人と阿保親王の間に血縁関係はない(森田兼吉)。
  • 音人を阿保親王の子とする伝承を作成したのは大江匡房(『続本朝往生伝』)と推定する(今井源衛[6]
  • 音人を阿保親王の子とするのを大江氏の仮冒によるものと断じるのはあくまで推論に過ぎない。音人の出生が薬子の変の翌年という非常時だったことなどから、音人の在世時には阿保親王の落胤であることは公には秘していた可能性がある(目崎徳衛[7]

人物

性格は静かで落ち着いており、飾り気がなく口数が少なかった。眉が広く目は大きく大柄で立派な顔立ちをしており、風格もあった。また、声も大きくて美しかった[8]

政体故事に通暁し、政務において疑義が生じる度に朝廷から諮問を受けたという[8]。また学者としても知られ、通儒と称された。菅原是善らと『貞観格式』の撰上を担当、その上表文と式序を作成し、また『日本文徳天皇実録』の編纂にも参画した。『群籍要覧』『弘帝範』の編纂も行い、家集に『江音人集』があったとされるが、いずれも散逸して現在には伝わっていない。

官歴

※日付=旧暦

系譜

  • 父:大枝本主
  • 母:中臣石根の娘 - 阿保親王侍女[11]
  • 妻:不明
    • 男子:大江公幹
    • 男子:大江玉淵
    • 男子:大江千里
    • 男子:大江宗淵
    • 男子:大江染淵
    • 男子:大江千秋
    • 男子:大江千古(866-924)
    • 男子:大江春潭
    • 男子:大江千枝

脚注

  1. 朝野群載』三所収、大江匡衡「熱田宮祈請男挙周明春侍所望状」(長徳4年11月9日付)
  2. 『日本三代実録』貞観10年閏12月28日条
  3. 日本三代実録』貞観8年10月15日条
  4. 大日本史』氏族志による。但し『姓氏家系大辞典』ではこの説を臆説に過ぎないとしている。
  5. 『本朝皇胤紹運録』では音人を阿保親王の子としている。
  6. 今井源衛「大江音人阿保親王子息説をめぐって」『王朝の物語と漢詩文』(笠間書院、1990年)
  7. 目崎徳衛「在原業平の官歴について」『平安文化史論』(桜楓社、1968年)
  8. 『日本三代実録』元慶元年11月3日条
  9. 『公卿補任』貞観6年(864年)条の尻付
  10. 『日本三代実録』。『公卿補任』では1月13日
  11. 『公卿補任』、『尊卑分脈』による。

参考文献

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.