大楠植村

大楠植村(おおくすうえむら)は、高知県香美郡にあった。現在の香美市の南西部、新改川の左岸にあたる。

おおくすうえむら
大楠植村
廃止日 1954年9月1日
廃止理由 新設合併
香美郡山田町佐岡村片地村大楠植村明治村長岡郡新改村土佐山田町
現在の自治体 香美市
廃止時点のデータ
日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 高知県
香美郡
総人口 2,749
国勢調査1950年
隣接自治体 香美郡山田町、佐岡村、片地村、明治村
長岡郡新改村
大楠植村役場
所在地 高知県香美郡大楠植村大字植村
ウィキプロジェクト

地理

  • 河川 : 新改川

歴史

行政

歴代村長

初代楠目玄1889年(明治22年)5月
2代目楠目玄1890年(明治23年)1月
3代目乾光輝1891年(明治24年)2月
4代目楠目玄1893年(明治26年)9月
5代目浜田孜郎1894年(明治27年)1月
6代目小川市馬1898年(明治31年)9月
7代目野中善郎1899年(明治32年)8月
8代目楠目虎治1900年(明治33年)9月
9代目前田徳治1901年(明治34年)4月
10代目島崎久万太1902年(明治35年)1月
11代目小川市馬1906年(明治39年)1月
12代目小川市馬1910年(明治43年)2月
13代目乾光栄1914年(大正3年)2月
14代目鍵山幸重1915年(大正4年)6月
15代目島崎一1917年(大正6年)7月
16代目高芝利盛1920年(大正9年)9月
17代目楠目昇吉1924年(大正13年)10月
18代目千頭伊勢治1925年(大正14年)8月
19代目幾井七五郎1926年(昭和元年)7月
20代目幾井宅馬1930年(昭和5年)7月
21代目小松茂秋1932年(昭和7年)2月
22代目小松茂秋1936年(昭和11年)2月
23代目幾井真水1937年(昭和12年)3月
24代目幾井真水1939年(昭和14年)10月
25代目前田忠次1942年(昭和17年)7月
26代目北村友幸1947年(昭和22年)4月
27代目幾井七五郎1947年(昭和22年)6月
28代目高野源吉1949年(昭和24年)8月

(土佐山田町史編纂委員会『土佐山田町史』土佐山田町教育委員会、1979年、1180-1181頁)

交通

鉄道路線

日本国有鉄道土讃線が村域を通過していたが、駅は所在しなかった。

参考文献

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.