大村益夫

大村 益夫(おおむら ますお、1933年5月20日[1] - )は、中国・朝鮮文学者、早稲田大学名誉教授。

東京生まれ。父は童謡詩人の大村主計。1957年早稲田大学政治経済学部卒、1962年東京都立大学 (1949-2011)大学院中国文学専攻博士課程中退。1964年早稲田大学専任講師、1972年早大語学教育研究所助教授、教授。2002年定年、名誉教授[2][3]

著書

  • 『愛する大陸よ 詩人金竜済研究』大和書房 1992
  • 『中国朝鮮族文学の歴史と展開』緑蔭書房 2003
  • 『朝鮮近代文学と日本』緑蔭書房 2003

共編著

  • 『朝鮮文学関係日本語文献目録』任展慧共編著 プリントピア 1984
  • 『朝鮮を知る事典』伊藤亜人,高崎宗司,武田幸男,吉田光男,梶村秀樹共監修 平凡社 1986 『韓国朝鮮を知る事典』2014
  • 『わかりやすい朝鮮語の基礎』権泰日共著 東洋書店 1995
  • 『朝鮮文学関係日本語文献目録 1882.4~1945.8』布袋敏博共編 製作: 緑陰書房 1997
  • 『大村主計全集』全4巻 編 緑蔭書房 2007

翻訳

  • 『中国の思想 第6』「老子」奥平卓訳「列子」大村訳 経営思潮研究会 1964 のち徳間書店徳間文庫
  • 尹世重『赤い信号弾』新日本出版社 世界新少年少女文学選 1967
  • 金允植『傷痕と克服 韓国の文学者と日本』朝日新聞社 1975
  • 『火の犬』訳注 高麗書林 韓国語対訳叢書 1(童話篇) 1975
  • 林鍾国『親日文学論』高麗書林 1976
  • 金顕杓『ある抗日運動家の軌跡 "不逞鮮人"の証言』南里知樹共編 龍溪書舎 1978
  • 『朝鮮短篇小説選』長璋吉,三枝寿勝共編訳 岩波文庫 1984
  • 延辺朝鮮族自治州概況」執筆班『中国の朝鮮族 延辺朝鮮族自治州概況』むくげの会 1987
  • 『韓国短篇小説選』長璋吉, 三枝寿勝共編訳 岩波書店 1988
  • 崔紅一『都市の困惑』早稲田大学出版部 新しい中国文学 1993
  • 『耽羅のくにの物語 済州島文学選』編訳 高麗書林 1996
  • 『対訳詩で学ぶ朝鮮の心』編訳 青丘文化社 1998
  • 『近代朝鮮文学日本語作品集 1939-1945 創作篇』全6巻 布袋敏博共編 緑蔭書房 2001
  • 『近代朝鮮文学日本語作品集 1939-1945 評論・随筆篇』全3巻 布袋敏博共編 緑蔭書房 2002
  • 『近代朝鮮文学日本語作品集 1901~1938 創作篇』全5巻 布袋敏博共編 緑蔭書房 2004
  • 『近代朝鮮文学日本語作品集 1901~1938 評論・随筆篇』全3巻 布袋敏博共編 緑蔭書房 2004
  • 金鍾漢全集』藤石貴代,沈元燮,布袋敏博共編 緑蔭書房 2005
  • 姜敬愛『人間問題』平凡社 朝鮮近代文学選集 2006
  • 『近代朝鮮文学日本語作品集 1908~1945 セレクション』全8巻 布袋敏博共編 緑蔭書房 2008
  • 『風と石と菜の花と 済州島詩人選』編訳 新幹社 2009

論文

脚注

  1. 『著作権台帳』
  2. researchmap
  3. 『朝鮮近代文学と日本』著者紹介
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.