大工原銀太郎

大工原 銀太郎(だいくはら ぎんたろう、1868年1月27日慶応4年1月3日〉 - 1934年昭和9年〉3月9日)は、日本農芸化学者土壌酸性がアルミニウムに因ること(大工原酸度, Daikuhara acidity)を世界で初めて発見した研究者。

大工原 銀太郎
生誕1868年1月27日
信濃国伊那郡南向村
洗礼小崎弘道
死没1934年3月9日
京都府京都市上京区
墓地谷中霊園東京都台東区
国籍 日本
出身校松本中学校
東京農林学校
帝国大学農科大学
職業農芸化学者
著名な実績酸性土壌論
宗教キリスト教
受賞勲二等瑞宝章

略歴

信濃国伊那郡南向村(現長野県上伊那郡中川村)の鈴木家に生まれ、のちに飯田の大工原孝吉の養子となる。松本中学校東京農林学校を経て1894年帝国大学農科大学農芸化学科を卒業後、農商務省農事試験場技師東京帝国大学講師、特許局技師、九州帝国大学教授、朝鮮総督府勧業模範農場技師を経て、九州帝国大学第3代総長に着任する。さらに1929年同志社第9代総長に就任した。

1934年3月9日、盲腸炎により京都府立医大病院で死去。

エジプトローマにおいて彫刻のモデルとして使われる、死者の顔を形に止めた大工原のデスマスクが現存する。

信仰

1890年に番町教会で小崎弘道から受洗[1]。同志社総長就任により同志社教会に転会した[2]日本基督教連盟基督教教育同盟会京都基督教青年会の役員を歴任した[1]

著書

  • 肥料ト土壌』 神奈川県内務部、1916年
  • 『土壌学講義 上、中巻』 裳華房、1916-1919年
  • 『肥料問題』 越佐教育雜誌社、1923年

栄典

脚注

  1. 『日本キリスト教歴史大事典』 811頁
  2. 『同志社山脈』 22-23頁
  3. 『同志社九十年小史』 115頁

参考文献

  • 『日本キリスト教歴史大事典』 教文館、1988年 ISBN 4-7642-4005-X
  • 同志社々史々料編纂所 『同志社九十年小史』 学校法人同志社、1965年
  • 同志社山脈編集委員会 『同志社山脈』 晃洋書房、2002年 ISBN 4771014086

外部リンク

先代:
中村栄助(臨時総長)
同志社総長
第9代: 1929年11月 - 1934年3月
次代:
中村栄助(臨時総長)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.