大宮市

大宮市(おおみやし)は、埼玉県南部に存在していた東京都特別区部への通勤率は26.7%、浦和市への通勤率は5.5%(いずれも平成12年国勢調査)。市制施行前は北足立郡に所属していた。

おおみやし
大宮市
大宮市章
大宮市章
廃止日 2001年5月1日
廃止理由 新設合併
大宮市浦和市与野市さいたま市
現在の自治体 さいたま市
廃止時点のデータ
日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
市町村コード 11205-4
面積 89.37km2
総人口 457,298
推計人口、2001年4月1日)
隣接自治体 上尾市岩槻市浦和市
川越市蓮田市富士見市
与野市
市の木 ケヤキ
市の花 サクラ
市民の日 11月3日
大宮市役所
所在地 330-8501
埼玉県大宮市大門町三丁目1番地
外部リンク 大宮市(閉鎖)
座標 東経139度37分42秒
北緯35度54分22秒
  ウィキプロジェクト

2001年浦和市与野市合併し、さいたま市となり廃止。2003年、同市の政令指定都市移行・区制施行に伴い、概ね旧市域にあたる部分が西区北区大宮区見沼区の4区に分割された[1]。現在でも旧大宮市域を総称して大宮地区という。

歴史

前身の「大宮町 (埼玉県)」も参照。

古代に武蔵国一宮である氷川神社鳥居前町として、また江戸時代以後は中山道宿場町として発達した。大宮宿は当初、本村、北原、甚之丞新田、右衛門八分、新宿中町、新宿下町、吉敷新田の7村からなっていたが、後年は宮町、大門町、仲町、下町、吉敷町で構成された。江戸から近い割には大きな宿場であり、天保14年(1843年)時点で人口は1,508人で、県内の中山道の宿場町の中では本庄宿熊谷宿鴻巣宿蕨宿深谷宿に次ぐ規模であったが、脇本陣は9軒と一番多かった。紀州藩鷹場本陣も置かれていた。

明治維新1869年(明治2年)1月28日廃藩置県によって大宮県が設置されたが、県庁は暫定的に東京府馬喰町四丁目に置かれた。8カ月後の同年9月には浦和県(その後埼玉県)に改称し、県庁は浦和へ置かれ現在に至っており、結局大宮に県庁が設置されることはなかった。1883年には日本鉄道の第一期線(上野駅 - 熊谷駅)が開業したが、浦和駅と上尾駅の間に大宮駅は設置されなかった。明治維新以後、街道の役割が低下し、周囲に田畑が広がるのみであった大宮宿の戸数は243戸まで落ち込んでいたことが原因であった。白井助七らが町の衰退を阻止するため駅の誘致を進め、第二期線(大宮駅 - 青森駅)の分岐点に1885年、大宮駅が置かれた。のちに駅北側には国鉄大宮工場、南側には大宮操車場などが所在し、旧国鉄も全国12か所の鉄道の町の一つとして公認し、一転「鉄道の街」として労働者が集い人口が増加していった。

1940年に県内5番目に市制施行。東京都心から30㎞圏内に位置し、郊外住宅地として戦後も宅地化が進んだ。1990年代に40万人都市となったが、南側に隣接する県庁所在地であった浦和市、浦和市と大宮市に挟まれる形で存在していた与野市と合併し消滅した。

年表

市制以前の歴史については「大宮町 (埼玉県)」も参照。

人口

2018年現在旧市域の人口は約51万人となっており、川口市(約60万人)、旧浦和市(約57万人)に次ぐ3番目を維持している。 住民基本台帳人口による合併後の旧大宮市域の人口変動。すべて4月1日現在。(台帳法改正前の2012年以前は台帳人口+外国人登録人口の数値)[9]

2005年(平成17年) 473,952人
2010年(平成22年) 490,318人
2015年(平成27年) 506,745人

なお、さいたま市発足後における旧大宮市域の国勢調査での人口は2005年(平成17年)では472,515人、2010年(平成22年)では487,332人であった。

行政

歴代市長

氏名就任退任期・備考出典
笠原眞作1940年11月3日1941年1月20日市長職務管掌者
埼玉県地方課長として埼玉県より派遣
今井五六1941年1月20日1944年5月2日1期[10]
2戸田由美1944年5月30日1945年3月17日1期[10]
3加藤睦之介1945年5月26日1946年3月12日1期[10]
4今井五六1946年6月14日1946年11月12日1期(2期目)[10]
5津川辰政1947年4月8日1951年4月7日1期・当代以降は公選制により選出[10]
61951年4月8日1955年5月1日2期
7清水虎尾1955年5月2日1959年5月1日1期[10]
8秦明友1959年5月2日1963年5月1日1期[10]
91963年5月2日1967年5月1日2期
101967年5月2日
1969年12月21日
1969年11月23日
1971年5月1日
3期
111971年5月2日1975年5月1日4期
121975年5月2日1978年6月24日5期
13馬橋隆二1978年8月6日1982年8月5日1期
141982年8月6日1986年8月5日2期
151986年8月6日1990年8月5日3期
16新藤享弘1990年8月6日1994年8月5日1期
171994年8月6日1998年8月5日2期
181998年8月6日2001年4月30日3期、合併によるさいたま市の設置に伴い失職

歴代助役

氏名就任退任期・備考出典
清水虎尾1941年1月20日1943年9月17日1期[10]
2戸田由美1943年9月27日1944年5月30日1期[10]
3清水東洋雄1944年7月9日1945年6月11日1期[10]
4藤倉育太郎1945年10月10日1947年5月22日1期[10]
51947年5月23日1951年5月22日2期
61951年5月23日1955年4月7日3期
7木村伍郎平1956年1月23日1959年8月31日1期[10]
8柴田賢治郎1959年12月23日1963年12月22日1期[10]
91963年12月23日1967年12月22日2期
10大野俊雄1968年4月1日1972年3月31日1期[10]
111972年4月1日1975年8月31日2期
12倉持進1975年10月3日1978年9月25日1期[10]
13前原正雄1978年10月5日1期[10]

本社を置いた主な企業

姉妹都市・提携都市

教育

交通

施設

名誉市民

出身著名人

脚注

注釈

  1. 大宮市は、1961年(昭和36年)12月1日と1982年(昭和57年)11月1日に上尾市との境界変更を行っており[3] 、1982年の方は上尾市大字平方領領家と大宮市の境界変更であることから[4]、1961年に大宮市への編入が行われたと解釈できる。

出典

  1. さいたま市/さいたまWeb/将来の行政区の区割りに関する方針について”. www.city.saitama.jp. 2020年1月8日閲覧。
  2. 『大宮のむかしといま』資料-2-11頁。
  3. さいたま市/さいたま市統計書(令和元年版)”. www.city.saitama.jp. 2020年11月2日閲覧。
  4. 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』増補5頁。
  5. 上尾市教育委員会・編『上尾市史 第八巻 別編1、地誌』上尾市、1997年3月31日、117-123頁。
  6. 統計あげお 平成30年版 第1章 土地・気象 (PDF)”. 上尾市. p. 4 (2019年5月30日). 2019年10月11日閲覧。
  7. 高まる週休二日制熱 ためらう国よそ目に『朝日新聞』昭和49年(1974年)10月3日朝刊、21面
  8. 市報「おおみや」平成8年4月号 ホットライン その6”. 大宮市. 1997年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月11日閲覧。
  9. http://www.city.saitama.jp/006/013/005/001/jikeiretsu.html さいたま市の人口・世帯(時系列結果)
  10. 『大宮のむかしといま』資料-22頁。

参考文献

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104。
  • 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日。全国書誌番号:81007009NCID BN03449939

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.