大宝 (日本)

大宝たいほうだいほう、旧字体大寶は、日本の元号のひとつ。朱鳥の後、慶雲の前。701年から704年までの期間を指す。この時代の天皇文武天皇

概要

大宝年間には完成した大宝律令が施行され、都城としての藤原京遣唐使派遣ならび、元号制定も律令国家成立の一環として行われた。

日本書紀』に拠れば、大宝以前にも大化645年 - 650年)、白雉650年 - 654年)、1年だけ存在した朱鳥(686年)などの年号があったとされるが、日本における元号制度は断絶状態にあり、「大宝」の改元により元号使用は再開される[1]。ただし大宝以前の木簡や金石文で元号が使われた例はなく、大宝が最初の元号とする説もある。

以降、元号制度は途切れることなく現在の「令和」に至るまで続いている。

改元

典拠

  • 易経』繋辞下
    • 「天地之大徳曰生、聖人之大宝曰位」

大宝期に起きた出来事

  • 大宝年間(701年 - 704年)
    • 讃岐守道守、那珂郡万濃(満濃)池を築く。

西暦との対照表

※は小の月を示す。

大宝元年(辛丑一月※二月三月四月※五月※六月七月※八月※九月十月※十一月十二月
ユリウス暦701/2/133/144/135/136/117/108/99/710/611/512/4702/1/3
大宝二年(壬寅一月※二月三月四月※五月六月※七月八月※九月十月※十一月※十二月
ユリウス暦702/2/23/34/25/25/316/307/298/289/2610/2611/2412/23
大宝三年(癸卯一月二月※三月四月※閏四月五月六月※七月八月※九月十月※十一月※十二月
ユリウス暦703/1/222/213/224/215/206/197/198/179/1610/1511/1412/13704/1/11
大宝四年(甲辰一月※二月三月四月※五月六月※七月八月九月※十月十一月※十二月
ユリウス暦704/2/103/104/95/96/77/78/59/410/411/212/212/31

出典

続日本紀』巻2 文武天皇2
対馬島貢金。建元為大宝元年。

脚注

  1. 神皇正統記』中 第四二代には、「大宝と云これよりさきに孝徳の御代に大化白雉天智の御時白鳳天武の御代に朱雀朱鳥なんと云号ありしかと大宝より後にそたえぬことにはなりぬるよりて大宝を年号の始とする也」とある。
  2. 瀬野精一郎『長崎県の歴史』山川出版社、1972年、28頁

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.