大垣市立興文小学校

大垣市立興文小学校(おおがきしりつ こうぶんしょうがっこう)は、岐阜県大垣市西外側町にある公立小学校

大垣市立興文小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大垣市
設立年月日 1840年
共学・別学 男女共学
所在地 503-0908
岐阜県大垣市西外側町1-34

北緯35度21分43.48秒 東経136度36分42.37秒
外部リンク 大垣市立興文小学校
プロジェクト:学校/小学校テンプレート

概要

  • 大垣藩の藩校「学問所」が前身であり、興文小学校の開校日は8月21日であり、この学問所が設置された日となっている。大垣市最古の小学校である。
  • 大垣市立興文幼稚園を併設する。

校訓

  • 致道 (ちどう 「学問や人間の道を研修して極める」の意味)
  • 致知格物 (ちちかくぶつ 「何事にも、どうしてそうなるのかと疑問をもって追究すれば、知識は自分の身についてくる」の意味)
  • 興文偃武 (こうぶんえんぶ 「武器はしまって使わないようにし、学問をしっかりやる」の意味) 

沿革

興文小学校は1840年(天保11年)に設置された大垣藩の藩校「学問所」が起源である。1873年に学制により興文小学義校となった後、1901年に男女別学化されたさいに、興文男子尋常高等小学校となった。また、ここでは併設の大垣市立興文幼稚園についても記述する。

  • 1635年寛永12年) - 戸田氏鉄が大垣藩藩主となる。戸田氏鉄は学問を奨励したという。
  • 1832年天保3年) - 岡田主鈴の私塾に大垣藩が援助を行い、学問所講を開設する。
  • 1840年(天保11年) - 大垣藩主戸田氏庸が江戸の昌平坂学問所を参考にし、藩校「学問所」を開設する。8月13日に建物が完成。8月21日に学問所始めの式典が行われる。
  • 1844年(天保15年) - 致道館に改称する。
  • 1847年弘化4年) - 敬教堂に改称する。
  • 1866年慶応2年) - 学館に改称する。
  • 1867年(慶応3年) - 藩士とその子しか入校されなかった制度が改められ、希望者なら身分に関係なく入校ができるようになる。
  • 1868年明治元年) - 文学校に改称する。同時に武学校が開設される。文学校で8歳~15歳の間、学問を学び、その後、武学校で武道を学んだという。
  • 1871年(明治4年)1月 - 文学校は、南校(旧武学校)と北校(旧文学校)に分離される。
  • 1871年(明治4年)7月 - 廃藩置県により大垣藩は大垣県となる。同時に南校と北校は閉鎖される。
  • 1872年(明治5年)1月 - 小原鉄心らの呼びかけにより、旧北校の建物を使用し、興文郷学校を開設する。
  • 1873年(明治6年)
    •  1月 - 興文小学義校に改称する。人数が多いために、興文第一校(旧南校)、興文第二校(旧北校)、興文第三校、興文第四校の4ヶ所に分けられていた。
    • 12月 - 興文第一校、興文第二校、興文第三校が師範研習学校附属小学校にあてられる。
  • 1877年(明治10年) - 師範研習学校が移転し、興文第一校、興文第二校、興文第三校の附属小学校指定を廃止。
  • 1886年(明治19年) - 興文第一校は興文高等小学校に改称。興文第二校は興文尋常小学校に改称する(興文第三校はこれ以前に廃止)。
  • 1901年(明治34年) - 興文男子尋常高等小学校、興文女子尋常高等小学校に改称する。
  • 1917年大正6年) - 興文男子尋常高等小学校が大垣尋常高等小学校に改称する。
  • 1920年(大正9年) - 興文女子尋常高等小学校が大垣実科女学校[注釈 1]に改称する。
  • 1926年(大正15年)9月 - 大垣市東外側町[注釈 2]に大垣市立幼稚園が開園する。
  • 1925年(大正14年) - 大垣中尋常高等小学校に改称する。
  • 1934年昭和9年) - 高等科を廃止し、大垣中尋常小学校に改称する。
  • 1941年(昭和16年)4月 - 大垣中国民学校に改称する。
  • 1941年(昭和16年)7月8日 - 住民の願いにより、大垣市興文国民学校に改称する。
  • 1945年(昭和20年)
    • 7月28日 - 大垣空襲により、大垣市興文国民学校、大垣市立幼稚園のほとんどの建物を焼失する。
    • 9月 - 興文国民学校は大垣市南頬町の大垣国民学校[注釈 3]校舎で授業を再開。
    • 12月 - 大垣市立幼稚園は善教寺[注釈 4]を仮園舎とする。後に元の地にバラック園舎を建てる。
  • 1947年(昭和22年)
    • 4月1日 - 大垣市興文国民学校は大垣市立興文小学校に改称する。
    • 7月 - 興文小学校の新校舎が完成する。
  • 1953年(昭和28年) - 興文小学校の校舎を増築する。校舎に余剰の教室ができたため、大垣市立幼稚園が余剰教室に移転する。
  • 1955年(昭和30年)4月 - 大垣市立幼稚園が大垣市立興文小学校の併設となり、大垣市立興文幼稚園に改称する。
  • 1960年(昭和35年) - 講堂が完成する。
  • 1967年(昭和42年)7月 - プールが完成する。
  • 1969年(昭和44年)12月 - 新校舎(北舎・鉄筋コンクリート造)が完成。
  • 1971年(昭和46年)7月 - 新校舎(南舎・鉄筋コンクリート造)が完成。
  • 2012年(平成24年) - プール改修工事完了
  • 2014年(平成26年) - 新体育館棟完成 これにより、名称が「講堂」から「アリーナ」へ変更。更に、2階層になり上層「アリーナ」。下層に、「会議室2」と「多目的ホール」。男女手洗い、下駄箱が追加された。外には、体育館棟下に駐車場。アスファルト舗装の「ピロティ」。外トイレが備え付けられた。同年、3月10日には「体育館お披露目式」という式典が行われ、地域住民が集まり、「岐阜県警音楽隊」が2曲程曲を披露した。

通学区域

  • 大垣城城下町一帯であり、郭町1-4丁目、郭町東1・2丁目、御殿町1・2丁目、丸の内1・2丁目、高砂町1・2丁目、東外側町2丁目、西外側町1-2丁目、馬場町、西長町、鷹匠町、番組町1・2丁目、室町1・2丁目、鳩部屋町、桐ケ崎町、宮町1・2丁目、北切石町1-3丁目、神田町1・2丁目、西崎町1-4丁目、室村町4丁目、室本町1-5丁目、見取町3・4丁目、木戸町2丁目、木戸町の一部、船町2丁目である[1]

進学先中学校

大垣市立興文幼稚園

  • 4、5歳児を対象とする幼稚園。定員は4歳児が30名、5歳児が35名。
  • 園舎は興文小学校の校舎の一部を使用している。
  • 通園区域は、5歳児は興文小学校の通学区域と同じであるが、4歳児は通園区域の指定はされていない[2]

著名な出身者

学問所などの大垣藩藩校出身者も含む

交通機関

学校周辺

参考文献

  • 伝統ある興文 (大垣市立興文小学校 1987年)
  • わがまち興文 (大垣市立興文小学校 1988年)
  • 新修大垣市史 通史編二 (大垣市 1968年) P.723 - 735
  • 大垣市史 通史編 近現代 (大垣市 2013年) P.846 - 847

脚注

注釈

  1. 後に大垣市立高等女学校に統合。大垣市立高等女学校は岐阜県立大垣高等女学校(現・岐阜県立大垣北高等学校の前身)に統合
  2. 現・大垣市保健センター。
  3. 現在の大垣市立南中学校の場所に存在。
  4. 現在の岐阜県大垣市寺内町1-1にある寺院。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.