大名府

大名府(だいめいふ)は、中国にかつて存在した五代十国時代から民国初年にかけて、現在の河北省河南省山東省にまたがる地域に設置された。

概要

魏州を前身とする。923年同光元年)、五代の後唐により魏州は東京興唐府と改められた[1]937年天福2年)、後晋により興唐府は広晋府と改称された[2]948年乾祐元年)、後漢により広晋府は大名府と改称された[3]

1042年慶暦2年)、北宋により大名府に北京が置かれた。北京大名府は河北東路に属し、元城大名内黄成安館陶宗城冠氏臨清夏津清平の12県を管轄した[4]

1128年天会6年)、宗輔が大名府を攻め落とした[5]。大名府は大名府路に属し、元城・大名・魏・南楽・館陶・冠氏・夏津・清平・朝城・莘の10県と安定・安賢・南楽・館陶・普通・清水・博寧・桑橋・孫生・清平・韓張・馬橋の13鎮を管轄した[6]

1217年モンゴル帝国が大名府を攻め落とした[7]。大名府は大名路総管府と改称された。のとき、大名路は中書省に属し、録事司と元城・大名・魏・南楽・清河の5県と開州に属する濮陽清豊長垣東明の4県と滑州に属する白馬・内黄の2県と濬州の合わせて1司5県3州州領6県を管轄した[8]

1368年洪武元年)、により大名路は大名府と改められた。大名府は北直隷に属し、直属の元城・大名・魏・南楽・清豊・・内黄の8県と開州に属する長垣・東明の2県の合わせて1州10県を管轄した[9]

のとき、大名府は直隷省に属し、大名・元城・南楽・清豊・長垣・東明・開州の1州6県を管轄した[10]

1913年中華民国により大名府は廃止された。

脚注

  1. 旧五代史』唐書荘宗紀
  2. 『旧五代史』晋書高祖紀
  3. 『旧五代史』漢書隠帝紀上
  4. 宋史』地理志二
  5. 金史』太宗紀
  6. 『金史』地理志下
  7. 元史』太祖紀
  8. 『元史』地理志一
  9. 明史』地理志一
  10. 清史稿』地理志一
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.