大井玄

京都府出身。1963年東京大学医学部卒業、1977年ハーバード大学公衆衛生大学院修士課程修了。東京大学医学部助教授、1976年「鳩、鉛汚染の指標」で東大医学博士。1983年帝京大学医学部公衆衛生助教授、教授、1990年東大国際保健学専攻教授、1996年定年退官、名誉教授、国立環境研究所所長。専門は社会医学、一般内科、在宅医療、心療内科、環境医学。臨床医として、終末期医療全般に関わる。[1]

大井 玄(おおい げん、1935年8月5日 - )は、公衆衛生学者、東京大学名誉教授。

著書

  • 『終末期医療 自分の死をとりもどすために』弘文堂 叢書死の文化 1989
  • 『終末期医療 2 死の前のクオリティ・オブ・ライフ』弘文堂 叢書死の文化 1993
  • 『痴呆の哲学 ぼけるのが怖い人のために』弘文堂 シリーズ生きる思想 2004
  • 『いのちをもてなす 環境と医療の現場から』みすず書房 2005
  • 『「痴呆老人」は何を見ているか』新潮新書 2008
  • 『環境世界と自己の系譜』みすず書房 2009
  • 『人間の往生 看取りの医師が考える』新潮新書 2011
  • 『病から詩がうまれる 看取り医がみた幸せと悲哀』朝日選書 2014
  • 『呆けたカントに「理性」はあるか』新潮新書 2015年

共編著

翻訳

  • Albert R.Jonsen, Mark Siegler, William J.Winslade『臨床倫理学 臨床医学における倫理学決定のための実践的なアプローチ』赤林朗共監訳 大井幸子他訳 新興医学出版社 1997

  1. 『現代日本人名録』、『病から詩がうまれる』著者紹介
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.