多良駅

多良駅(たらえき)は、佐賀県藤津郡太良町大字多良にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線である。

多良駅
駅舎(2005年3月)
たら
Tara
肥前飯田 (4.1 km)
(7.9 km) 肥前大浦
所在地 佐賀県藤津郡太良町大字多良1702-5
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 長崎本線
キロ程 67.7 km(鳥栖起点)
電報略号 タラ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
323人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1934年昭和9年)4月16日
備考 無人駅[1]
* この間に里信号場有り(当駅から4.6km先)。
駅名標

概要

肥前山口駅方面からの普通列車の一部が当駅で折り返す。通常は普通列車のみ停車するが、2019年3月まではカニのシーズンを中心に一部の特急「かもめ」が臨時停車することがあった(旅客扱いの臨時停車をしない時でも、特急「かもめ」の一部は列車の交換のために運転停車を行っている)。なお、国鉄時代末期〜JR初期は一部の特急「かもめ」が停車していた。

なお、当駅の存在する町名は読みは同じ「たら」だが、旧多良町と旧大浦村の合成地名であるため「良」と表記する。

歴史

駅構造

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する持つ地上駅。上り線(2番のりば)を通過線とする一線スルー配線構造で、二つのホームは跨線橋(屋根なし)で結ばれている。駅舎は東側の単式ホームに面しており、古くからの木造であるがリニューアルされ、内部には待合所と改札口がある。817系に合わせて2両分のホームがかさ上げされている。

元々はJR九州サービスサポートが駅業務を行う業務委託駅であったが、2020年(令和2年)4月1日から無人化された[1]

のりば

普通列車

のりば路線方向行先備考
1 長崎本線 上り 肥前鹿島肥前山口佐賀方面
下り 肥前大浦諫早長崎方面
2 上り 肥前鹿島肥前山口方面 6時27分発、23時32分発
肥前山口行
3


利用状況

2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員323人である[3]

年度 1日平均
乗車人員[4]
2000年 332
2001年 296
2002年 258
2003年 281
2004年 307
2005年 297
2006年 294
2007年 269
2008年 280
2009年 279
2010年 291
2011年 295
2012年 297
2013年 315
2014年 314
2015年 319
2016年 323

駅周辺

東側の海沿いを国道207号が長崎本線に並行して通る。駅前から国道207号まで約300mにわたり佐賀県道232号多良停車場線が通っている。

駅周辺は多良川などいくつかの河川の河口部分にあたり、佐賀県立太良高等学校、太良町立多良小学校、太良町立多良中学校、太良町役場などが集中する太良町の中心部となっている。多良岳登山口へは当駅より祐徳バス中山線乗り換え。

バス停

祐徳バス「多良駅前」バス停

〈上り〉鹿島市役所・小舟津→中川→鹿島バスセンター
〈下り〉糸岐本町→大浦駅前→竹崎港

隣の駅

九州旅客鉄道(JR九州)
長崎本線
普通
肥前飯田駅 - 多良駅 - (里信号場) - 肥前大浦駅

脚注

  1. “多良駅4月から無人駅に 太良町、管理人設置を断念”. 佐賀新聞. (2020年3月14日). オリジナルの2020年3月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200321161225/https://www.saga-s.co.jp/articles/-/499873 2020年3月21日閲覧。
  2. 多良駅・特急臨時停車打ち切り JR九州グルメ企画終了機に 太良町長「復活を」 |行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE (日本語). 佐賀新聞LiVE. 2019年12月4日閲覧。
  3. 駅別乗車人員上位300駅(平成28年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道 (2017年7月31日). 2017年8月1日閲覧。
  4. 佐賀県統計年鑑、2020年9月5日閲覧

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.