多治見市モザイクタイルミュージアム

多治見市モザイクタイルミュージアム(たじみしモザイクタイルミュージアム、MOSAIC TILE MUSEUM Tajimi)は、岐阜県多治見市笠原町2082-5にあるモザイクタイル博物館。2016年(平成28年)6月4日に開館した。一般財団法人たじみ・笠原タイル館が指定管理者を務めている[1]

多治見市モザイクタイルミュージアム

施設情報
専門分野 モザイクタイル
事業主体 多治見市
管理運営 一般財団法人たじみ・笠原タイル館(指定管理者
開館 2016年6月4日
所在地 507-0801
岐阜県多治見市笠原町2082-5
位置 北緯35度17分56.8秒 東経137度09分34.3秒
外部リンク www.mosaictile-museum.jp
プロジェクト:GLAM

特色

1枚の表面積が50cm2以下のタイルをモザイクタイルと呼ぶ[2]。最盛期の土岐郡笠原町には100以上のタイル工場が存在し、多治見市に編入後の2018年(平成30年)時点でも生産量・シェアともに日本一である[2]。タイルコレクションを中心に、地域で培われてきたタイルの情報や技術を発信する。

歴史

2006年(平成18年)に多治見市が土岐郡笠原町を編入合併すると、合併の際に「新市建設計画」と「第6次多治見市総合計画」が立案され、笠原町役場跡地にモザイクタイルに関する博物館が整備された。1960年代までは多治見市立笠原小学校があった場所である。総事業費は12億円であり[3]合併特例債が使用されている。

合併から10年後の2016年(平成28年)6月4日、多治見市モザイクタイルミュージアムが開館した[3]。開館前には年間2万5000人の入館者を見込んでいたが、開館後の一か月で入館者が1万人を超える人気ぶりであり、開館2年目には累計入館者数が30万人を超えた[2]

施設

多治見市モザイクタイルミュージアム
情報
設計者 藤森照信
構造形式 鉄筋コンクリート造[4]
敷地面積 6,789 m² [4]
延床面積 1,925 m² [4]
階数 4階建[4]
開館開所 2016年6月4日[3]

設計は自然素材を取り入れた建築が特徴の藤森照信であり、タイルの原料を掘り出す採土場をモチーフにしている[5]。藤森は「街の中には土を採る場所がポコポコあり、それをイメージして外壁に土を塗り、タイルをはめ込んだ」としている[3]鉄筋コンクリート造4階建であり、延床面積は1,925m2、敷地面積は6,789m2[4]

  • 1階
    ミュージアムショップや体験工房。
  • 2階
    最新のタイル情報を紹介する産業振興コーナー。
  • 3階
    タイルの製造工程や歴史がわかる資料コーナー。
  • 4階
    半屋外構造の吹き抜け。壁面には「富士山」、「マリリン・モンロー」、「笠原の風景」などのモザイクタイル画が展示されている[3]

利用案内

開館時間
  • 9:00~17:00
休館日
  • 年末年始
アクセス
  • 公共交通機関
JR中央本線太多線多治見駅の「多治見駅前」バス停から東鉄バス笠原線で「モザイクタイルミュージアム」バス停下車。
  • 自動車
中央自動車道多治見インターチェンジから約25分
東海環状自動車道土岐南多治見インターチェンジから約15分。

脚注

  1. ABOUT US”. 多治見市モザイクタイルミュージアム. 2019年11月14日閲覧。
  2. 地場産業の再評価で高まるまちへの誇り 多治見市モザイクタイルミュージアム 金剛
  3. 「モザイクタイルミュージアム 生産日本一の多治見に きょう一般公開」『毎日新聞』2016年6月4日
  4. モザイクタイルミュージアム開館”. 建通新聞. 2019年11月14日閲覧。
  5. 『Casa BRUTUS特別編集 世界のベストミュージアム』マガジンハウス社、2017年、p.159

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.