多毛雲

多毛雲(たもううん、Capillatus)とは、積乱雲に見られる種の1つである。多毛積乱雲とも言う。雲頂が崩れて、毛羽立ったような雲が付いているものを指す。かなとこ雲も多毛雲の1種である。

多毛雲
略記号 cap
雲形記号
多毛雲
高度 地上付近~16,000 m
特徴 大きく盛り上がっている、てっぺんが毛羽立っている
降水の有無 あり

"Capillatus"はラテン語で「髪の毛がある」といった意味があり、これにちなんで名づけられた。

上昇気流によってできた積乱雲は、成長を続けて雲頂が上空の風が強い領域(対流圏界面)に達すると、気流を乱して巻雲巻積雲巻層雲などを発生させることがある。多毛雲にまで成長したということは、積乱雲になってもなお成長し続けて雨や雹などを作り続けたということを意味し、その下では激しい雨や突風がもたらされる。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.