外務省 (イタリア)

外務省(がいむしょう、イタリア語: Ministero degli Affari Esteri)は、イタリア外交通商を担当する行政機関。長(閣僚)はジュリオ・テルツィ・ディ・サンタアガタ

イタリア行政機関
外務省
Ministero degli Affari Esteri
役職
外相 マリオ・モンティ
概要
設置 1848年
ウェブサイト
Ministero degli Affari Esteri

概要

現在のイタリアの基礎となったサルデーニャ王国の国家外務事務局が前身で、イタリア王国の成立宣言と同時に改称、設立された。当初はコンスルタ宮殿にあったが、1922年にキージ宮殿へ移転。その後1959年に現在のファルネジーナ宮殿に移る。

歴代外相

外相任期内閣
レナート・ルジェロ2001年6月11日 – 2002年1月6日第2次ベルルスコーニ内閣
シルヴィオ・ベルルスコーニ2002年1月6日 – 2002年11月14日
フランコ・フラッティーニ2002年11月14日 – 2004年11月18日
ジャンフランコ・フィーニ2004年11月18日 – 2006年5月17日第3次ベルルスコーニ内閣
マッシモ・ダレマ2006年5月17日 - 2008年5月8日第2次ロマーノ・プローディ内閣
フランコ・フラッティーニ2008年5月8日 - 2011年11月16日第4次ベルルスコーニ内閣
ジュリオ・テルツィ・ディ・サンターガタ2011年11月16日 – 2013年3月26日モンティ内閣
マリオ・モンティ(代行)2013年3月26日 –

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.