士官学校

近代の日本においては、戦前は、帝国陸軍陸軍士官学校陸軍航空士官学校帝国海軍海軍兵学校が主に該当する。戦後自衛隊においては、防衛大学校、および陸上海上航空の各幹部候補生学校が主に該当する。同じく戦後の海上保安庁においては海上保安大学校が該当する。

士官学校(しかんがっこう)とは、軍隊において士官将校)を養成する軍学校

軍隊組織を採るキリスト教会救世軍も、士官(牧師)を養成する神学校を「救世軍士官学校」と称している。

各国の士官学校

日本

第二次世界大戦前
第二次世界大戦後

アメリカ合衆国

イギリス

イタリア

  • モデナ陸軍士官学校
  • リヴォルノ海軍兵学校
  • ポッツオーリ空軍士官学校
  • ヌンツィアテッラ陸軍学校
  • フランチェスコ・モロジーニ海軍学校
  • ジュリオ・ドゥーエ空軍学校

オーストラリア

大韓民国

中華民国(台湾)

フランス

ミャンマー

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.