壊疽

壊疽(えそ、: gangrene)とは、体組織の腐敗に特徴づけられる壊死合併症である。黒色ないし緑色、悪臭を示す。

Gangrene
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
外科学
ICD-10 R02, I70.2, E10.2, I73.9
ICD-9-CM 040.0, 785.4
DiseasesDB 19273
Patient UK 壊疽
MeSH D005734

概要

壊疽は感染症あるいは血栓症などによる虚血を原因とする。血栓症は一般に決定的な血液供給の不足(末梢循環障害(en:Peripheral vascular disease)など)の原因として出現し、糖尿病や長期間の喫煙に関連する。壊疽のほとんどは下肢に出現する。

壊疽の最も有効な治療法は原因器官の血行再建術(en:Revascularization)であり、回復を示すことがある。他の治療法はデブリードマン外科的切断(en:Amputation)である。治療法は壊疽の位置、組織障害の範囲によって決定される。

壊疽は纏足で認められることがある。

原因

壊疽の原因は幅広い。患部で嫌気性細菌(あるいは好気性菌)が急速に増殖する事により起こる。大元の原因は動脈硬化症、糖尿病、腎不全(透析患者)、膠原病血管炎、感染症などさまざまである。

組織内感染症(あるいは外傷など) ⇒ ガス産生 ⇒ (末梢)循環不良 ⇒ 組織の壊死・壊疽 ⇒ 嫌気性菌の繁殖のサイクルは極めて急速である。

治療

蜂窩織炎などと異なり、通常全身症状を伴い重篤である。放置すれば化膿性の関節炎、骨髄炎、敗血症多臓器不全などを併発し致命的である。

脚注

  1. https://www.tokushukai.or.jp/treatment/internal/infection/gas-eso.php

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.