壁囲い

壁囲い(かべがこい)は、早囲い(はやがこい)、三手囲い(さんてがこい)とも呼ばれ、将棋振り飛車戦法で用いられる囲いの一種である。

将棋 > 囲い > 壁囲い
壁囲い

概要

先手でいえばを3八、右を4八に動かして作る囲いで、急戦で用いる。金銀2枚の囲いのため美濃囲いはもとより、舟囲いと比べても堅さは劣る。そのため左を5八に動かして囲いをさらに固めることもあるが、それでも堅さは美濃囲いより劣る。2八玉、3八金と動かせば片美濃囲い程度の堅さにはなるが、片美濃よりも手数が1手多くかかる。また7八金型四間飛車などでは、4六歩、4七銀引と囲いを進めることもある。居飛車穴熊阪田流向かい飛車石田流立石流で戦えば、美濃囲いを一路左にずらした形になる。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.