塩化アジポイル

塩化アジポイル(えんかアジポイル)または、アジピン酸ジクロリドアジピン酸塩化物(アジピンさんえんかぶつ)は、アジピン酸酸塩化物である。と容易に反応して塩化水素を発生する。

塩化アジポイル
IUPAC名塩化ヘキサンジオイル
別名アジピン酸ジクロリド
アジピン酸塩化物
分子式C6H8Cl2O2
分子量183.03
CAS登録番号111-50-2
形状無色~淡黄色液体
密度1.25 g/cm3, 液体
沸点105-107 °C(2 mmHg)
SMILESClC(=O)CCCCC(=O)Cl

反応

酸塩化物は他のカルボン酸誘導体に比べて反応性が高いため、室温でもヘキサメチレンジアミンと反応して6,6-ナイロンを生成する。塩化アジポイルの有機溶媒(ジクロロメタンなど)溶液とヘキサメチレンジアミンの水溶液を同じ容器に入れると界面に 6,6-ナイロンが膜状に生じ、この反応は界面重合の演示実験に利用される。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.