堀誠

堀誠(ほり まこと、1954年 - )は日本中国文学者。専門は日中比較文学。早稲田大学教授[1]西安交通大学名誉教授

人物

栃木県生まれ。1977年早稲田大学教育学部国語国文学科卒業、1980年早稲田大学大学院文学研究科中国文学専攻修士課程修了、1984年同大学院単位取得満期退学[1]。2009年「日本の中国文学受容に関する研究」で博士(学術)を取得[2]。早稲田大学教育総合研究所所長(2010年~2016年)[3]、早稲田大学大学院教育学研究科教職研究科長(2016年~2018年)を歴任[4]

著書

  • 『万暦十五年 一五八七「文明」の悲劇』(共訳、東方書店、1989年8月)
  • 『中国の群雄』第3巻(共著、講談社、1998年2月)
  • 『流謫の花 ―中国の文学と生活―』(研文出版、2003年11月)
  • 『漢字・漢語・漢文の教育と指導』(編者、学文社、2011年3月)
  • 『日中比較文学叢考』(研文出版、2015年9月)
  • 『古典「漢文」の教材研究』(編者、学文社、2018年3月)

脚注

  1. 堀 誠 - 研究者 - researchmap”. 2019年9月5日閲覧。
  2. NetCommons「日本の中国文学受容に関する研究 : 博士学位論文」2012年10月17日。
  3. 研究所の概要 (日本語). 早稲田大学 教育総合研究所. 2019年9月5日閲覧。
  4. 沿革・概要 (日本語). 早稲田大学 大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院). 2019年9月5日閲覧。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.