堀内實三

堀内 實三(ほりうち じつぞう、1932年9月27日 - )は、日本の経営者、東宝不動産相談役、元・甲府宝塚劇場代表取締役社長、元・東宝専務取締役映画プロデューサー

経歴

1932年山梨県甲府市に生まれる。祖母が小林一三の実姉という係累もあり、1956年立教大学経済学部を卒業すると同時に東宝に入社。経理部に配属され、関係会社の収支計算に関与する。

1961年、配給部に移って配給調査、配給業務、配給促進など、市場動向の掌握、配給実務、動員計画など戦略面を学んだ。『東京オリンピック』の動員計画の立案推進、『砂の女』『怪談』などのフリーブッキングにも参画した。

1973年松岡功常務担当の元で営業本部制が敷かれると、配給部次長になる。配給=興行=宣伝の三位一体化を心がける。

1978年に配給部長。1982年に映画調整部長を兼ねる。1983年、配給部と関東支社が統合した映画営業部の初代部長に就任、5月25日、取締役映画営業担当映画営業部長兼映画調整部長となる。1984年6月には取締役映画調整部長兼宣伝部長となり、東宝配給の全作品の番組編成および宣伝にコミットした(但し映像事業部扱いのアニメおよび実写作品を除く)。

1989年常務取締役1994年専務取締役1997年に子会社東宝不動産の取締役を経て、1998年に同社の代表取締役社長に就任し、翌1999年に東宝取締役を退任。2005年5月27日に東宝不動産相談役に退く。

製作作品

公開年 作品名 制作(配給) 役職 監督
1993年 7月17日 水の旅人 侍KIDS フジテレビジョン
オフィス・トゥー・ワン
東宝
製作 大林宣彦
1994年 2月5日 ラストソング フジテレビジョン
東宝映画
東宝
製作 杉田成道
1994年 10月22日 四十七人の刺客 日本テレビ放送網
サントリー
東宝映画
東宝
製作総指揮 市川崑
1996年 10月26日 八つ墓村 フジテレビジョン
東宝映画
東宝
製作 市川崑
  • 製作クレジットがある作品に限定した。
  • 1984年ゴジラ復活に伴い「ゴジラ復活準備委員会」(のち「ゴジラ委員会」)の委員長に就任。『ゴジラvsビオランテ』以降もそのポストにあったが、すべてノンクレジット。

参考文献

  • 『現代日本人名録』日刊アソシエーツ、2002年。ISBN 4-8169-8143-8。
  • 『平成ゴジラクロニクル』キネマ旬報社、2009年。ISBN 4-8737-6319-3。
  • AVジャーナル1983年6月号、8月号

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.