基礎自治体

基礎自治体(きそじちたい)とは、国の行政区画の中で最小の単位で、首長地方議会などの自治制度があるものを指す。

基礎自治体の名称は国によって異なる。日本市町村のようにいくつかの種類に分かれている国もあれば、フランスコミューンのように人口に関係なく同じ名称で呼ばれる国もある。

各国の基礎自治体

  • キューバ - キューバの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • プエルトリコ - プエルトリコの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ドミニカ共和国 - ドミニカ共和国の基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • メキシコ - メキシコの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • エルサルバドル - エルサルバドルの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • グアテマラ - グアテマラの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ホンジュラス - ホンジュラスの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ニカラグア - ニカラグアの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ベネズエラ - ベネズエラの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • コロンビア - コロンビアの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ボリビア - ボリビアの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • ウルグアイ - ウルグアイの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。
  • アルゼンチン - アルゼンチンの基礎自治体はムニシピオと呼ばれる。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.