基礎代謝

基礎代謝(きそたいしゃ、: Basal metabolic rate BMR)とは、覚醒状態の生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動における必要最低限のエネルギーのことである。相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、1日に女性で約1,200、男性で約1,500キロカロリー(kcal)とされている。

消費量は大人の場合肝臓が27%、が19%、筋肉(骨格筋)が18%で、この3器官のみで6割以上を占める[1]

基礎代謝基準値

基礎代謝基準値とは、体重1kgあたりの基礎代謝量(kcal)を示す数値のことである。

基礎代謝基準値と基礎代謝量[2]
男性女性(妊婦、授乳婦を除く)
年齢基礎代謝
基準値
(kcal/kg/日)
基準体重
(kg)
基準体重での
基礎代謝量
(kcal/日)
基礎代謝
基準値
(kcal/kg/日)
基準体重
(kg)
基準体重での
基礎代謝量
(kcal/日)
1〜2 61.011.771059.711.0660
3〜5 54.816.289052.216.2850
6〜7 44.322.098041.921.6920
8〜9 40.827.51,12038.327.21,040
10〜11 37.435.51,33034.834.51,200
12〜14 31.048.01,49029.646.01,360
15〜17 27.058.41,58025.350.61,280
18〜29 24.063.01,51022.150.61,120
30〜49 22.368.51,53021.753.01,150
50〜69 21.565.01,40020.753.61,110
70以上 21.559.71,28020.749.01,010

なお1日の推定エネルギー必要量(消費量)は、身体活動レベルに応じて基礎代謝量の1.5〜2倍程度となる。詳細は栄養#栄養学の観点からを参照のこと。

国立健康・栄養研究所の式(Ganpuleの式)

健康な日本人において妥当性が比較的高い推定式[3]である。

男性
女性

(W:体重(kg),H:身長(cm),A:年齢(歳))

ハリス-ベネディクトの式

ハリス-ベネディクトの式は1919年に発表された推定式である。

FAO/WHO/UNUの式

[4][5]

国際的に用いられている推定式である。

男性
18〜29歳
30〜59歳
60歳以上
女性
18〜29歳
30〜59歳
60歳以上)

(W:体重(kg),H:身長(cm))

脚注

  1. FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告 1989年
  2. 厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2010年版)
  3. Miyake, Rieko; Tanaka, Shigeho; Ohkawara, Kazunori; Ishikawa-Takata, Kazuko; Hikihara, Yuki; Taguri, Emiko; Kayashita, Jun; Tabata, Izumi (2011). “Validity of predictive equations for basal metabolic rate in Japanese adults”. Journal of Nutritional Science and Vitaminology 57 (3): 224–232. ISSN 1881-7742. PMID 21908945. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21908945.
  4. 健康・栄養フォーラム - 基礎代謝量の算出について”. www.nibiohn.go.jp. 2019年7月13日閲覧。
  5. Energy and protein requirements”. www.fao.org. 2019年7月13日閲覧。

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.