坂本吉勝

坂本 吉勝(さかもと よしかつ、1906年3月27日 - 1989年1月25日)は、日本の弁護士最高裁判所判事東京都出身。

概要

1931年(昭和6年)11月に東北帝国大学在学中に高等文官試験司法科に合格し、翌1932年3月に同大学法文学部を卒業[1]。同年10月に弁護士を登録して、第二東京弁護士会に所属[1]

戦時中は軍に召集されるも、終戦により復員。その後、閉鎖期間生理委員会法律室長や司法研修所民事教官を務めた[1]

1971年(昭和46年)12月7日に最高裁判事となる[1]。就任の際には「大きな勉強をしたとか、積み重ねがあるわけではないので、懸命に微力を尽くすのみです」と話した[1]

1976年(昭和51年)3月に定年退官した[2]。最高裁の柔軟時代を築いた一人だったが、定年退官をする頃にはその最後の一人になっていた[1]。退官を伝える新聞では「旧人権派」、「ハト派」として表現されていた[3]

脚注

  1. 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)177頁
  2. 野村二郎「最高裁全裁判官」(三省堂)178頁
  3. ハト派次々と最高裁を去る 坂本吉勝士きょう定年『朝日新聞』1976年(昭和51年)3月26日、13版、23面
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.