在米国ウクライナ正教会

在米国ウクライナ正教会(ざいべいこくウクライナきょうかい、英語: Ukrainian Orthodox Church of the USA)は、アメリカ合衆国ウクライナからの移民が作った正教会で、本部をニュージャージー州のサウス・バウンド・ブルック(South Bound Brook)の聖アンデレ記念教会(St. Andrew Memorial Church)に置き、全米に教区が二つあり、全部で85か所の集会がある。

聖アンデレ記念教会(ニュージャージー州)。ソ連時代にウクライナで起こった大悲劇「ホロドモール」の犠牲者を記念している。

在米国ウクライナ正教会は1915年に設立されて、その後様々なころがあったが、現在はコンスタンディヌーポリ総主教庁の下に組織されている。[1]

二つの教区は

で、神学校は聖ソフィア神学校(St. Sophia Ukrainian Orthodox Theological Seminary)である。[2]

参照項目

脚注

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.