国鳥

日本の国鳥であるキジ

国鳥(こくちょう)とは、そのを代表・象徴するである。

解説

国鳥は、国家機関が選定する場合や、全国的な鳥類学術機関が選定する場合、特に選定されず歴史的に認知されている場合など、様々な例があり、国により国民の認知度にも差がある。

アジアではキジ科の鳥が国鳥となる例が多い。また、アフリカではツル目が、ヨーロッパではスズメ目の例が多い。中央アメリカではキヌバネドリ目が、南アメリカではコンドル類が多い。

国鳥は手厚く保護される場合もあるが、選考の決め手として、単に容姿分布のみならず、狩猟文化食文化なども含めた国民的な知名度・親近感が考慮されることも多い。たとえば、日本は国鳥であるキジ(雉)を狩猟している[1]。また、フランスの国鳥の鶏は家禽である。ほか、モーリシャスの国鳥のドードーは人間(つまりモーリシャス国民の先祖)の進出によって絶滅した鳥である。

各国の国鳥

アジア

国名国鳥備考
アゼルバイジャンオジロワシ
アルメニアコウノトリ
イラクイワシャコ
インドインドクジャク
インドネシアジャワクマタカ
ウズベキスタンカワラバト
カザフスタンオジロワシ
キルギスオジロワシ
ジョージアオジロワシ
シンガポールキゴシタイヨウチョウ
スリランカセイロンヤケイ
タイシマハッカン
大韓民国カササギ公式には定められていない[2]1964年韓国日報の国鳥公募で選ばれたもの[3]
タジキスタンシロハラサケイ
中華民国台湾)ミカドキジ非公式。
中華人民共和国キンケイタンチョウいずれも非公式。
朝鮮民主主義人民共和国オオタカ [4]
トルクメニスタンオジロワシ
トルコワキアカツグミ
日本国キジ1947年日本鳥学会において国鳥に選定した。
ネパールニジキジ
パキスタンイワシャコ
バングラデシュシキチョウ
フィリピンフィリピンワシ1995年7月4日に制定[5]
ブータンワタリガラス
ミャンマーハイイロコクジャク非公式[6]
モンゴルオジロワシ

アフリカ

国名国鳥備考
ウガンダホオジロカンムリヅル
エリトリアホオジロエボシドリ
サントメ・プリンシペヨウムトビ
ザンビアサンショクウミワシ
ジンバブエサンショクウミワシ
ナイジェリアカンムリヅル
ナミビアハジロアカハラヤブモズ
南アフリカ共和国ハゴロモヅル
南スーダンサンショクウミワシ
モーリシャスドードー17世紀に絶滅している。

ヨーロッパ

国名国鳥備考
アイスランドシロハヤブサ
アイルランドミヤコドリミソサザイタゲリとする資料もある
アルバニアイヌワシ
イギリスヨーロッパコマドリ
イタリアイタリアスズメ
ウクライナヨーロッパコマドリ
エストニアツバメ
オーストリアツバメ
オランダオグロシギ法的に定められてはいないが、インターネット投票では一番の人気を得た[7]
ギリシャコキンメフクロウ
クロアチアサヨナキドリ
スウェーデンクロウタドリ
スペインイベリアカタシロワシ法的に定められてはいない
デンマークコブハクチョウ
ドイツシュバシコウ
ノルウェームナジロカワガラス
ハンガリーノガン
フランスニワトリ(雄鶏)法的に定められてはいない[8]
フィンランドオオハクチョウ
フェロー諸島ノガンミヤコドリとする資料もある
ベラルーシシュバシコウ
ベルギーチョウゲンボウ
ポーランドシュバシコウ オジロワシ とする資料もある
ポルトガルニワトリ(雄鶏)
マルタイソヒヨドリ
モルドバクロハゲワシ
ラトビアタイリクハクセキレイ
リトアニアシュバシコウ
ルーマニアモモイロペリカン法的に定められてはいない
ルクセンブルクキクイタダキ
ロシアゴシキヒワコハクチョウとする資料もある

北アメリカ・中央アメリカ

国名国鳥備考
アメリカ合衆国ハクトウワシ[9]
キューバキューバキヌバネドリ
グアテマラケツァール
コスタリカバフムジツグミ
ジャマイカフキナガシハチドリ
ドミニカ共和国ヤシドリ
ドミニカ国ミカドボウシインコ
トリニダード・トバゴハチドリ
ニカラグアアオマユハチクイモドキ
ハイチヒスパニオラキヌバネドリ
パナマオウギワシ
バハマフラミンゴ
メキシコカラカラ

南アメリカ

国名国鳥備考
アルゼンチンセアカカマドドリ
ウルグアイナンベイタゲリ
エクアドルアンデスコンドル
ガイアナツメバケイ
グレナダグレナダバト
コロンビアアンデスコンドル
チリコンドル
パラグアイハゲノドスズドリ
ブラジルナンベイコマツグミ2002年に指定[10]
ベネズエラツリスドリ
ペルーアンデスイワドリ

オセアニア

国名国鳥備考
オーストラリアコトドリ
キリバスグンカンドリ
ニューカレドニアカグー
ニュージーランドキーウィ法的に定められてはいない。
パプアニューギニアゴクラクチョウ

脚注

  1. 狩猟制度の概要”. 環境省. 2012年4月4日閲覧。
  2. 黒田勝弘【外信コラム】ソウルからヨボセヨ カササギ追放?」MSN産経ニュース(産経新聞)、2009年1月3日付、2009年12月10日閲覧。
  3. ソウルのシンボル(日本語) Seoul, 2002 FIFA World Cup、2009年12月10日閲覧。
  4. Naenara-朝鮮民主主義人民共和国の国鳥(日本語) 、2017年5月9日閲覧。
  5. Proclamation No. 615, s. 1995 (英語). フィリピン政府. 2018年8月25日閲覧。
  6. Myanmar's peacock: a national symbol dying off in the wild (英語). Phys.org. 2018年8月25日閲覧。
  7. National Bird of The Netherlands”. True Nature Foundation. 2017年8月20日閲覧。
  8. フランス共和国を表すシンボル(日本語) 在日フランス大使館、2010年1月2日閲覧。
  9. シンボル(日本語) 在日米国大使館、2009年12月10日閲覧。
  10. National Symbols”. 駐米ブラジル大使館. 2017年8月20日閲覧。

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.