国道30号線 (韓国)

国道30号線(國道第三十號扶安大邱線、ハングル: 국도 제30호선)は全羅北道扶安郡保安面から同道の井邑市を経て慶尚北道金泉市を経つ大邱広域市西区內唐洞を連結している総延長355.1 kmの距離を持った大韓民国の一般国道である。

一般国道
國道30號線
국도30호선
扶安大邱線
부안대구선
総延長 355.1 km
制定年 1981年3月14日
道路の方角 東西
西端 全羅北道扶安郡保安面
主な経由国  大韓民国
主な
経由都市
全羅北道、慶尚北道大邱広域市
東端 大邱広域市西区內唐洞
接続する
主な道路
(記法)
本文参照
■テンプレート(■ノート ■使い方) ■PJ道路
扶安に向かっている国道30号線

歷史

通過する自治体

交差する道路

高速道路
国道

脚注

    関聯項目

    • 大韓民国の一般国道
    This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.