国粋主義

国粋主義(こくすいしゅぎ、英語: nationalism[1])とは国家主義の一つで[2]近代日本において欧化主義と対立し[3]、自国民や自国の文化伝統の独自性を強調・維持・発揚[3][4][5]、あるいは守ろうとする考え方である[5]日本主義とも呼ばれる[3]

民族主義国家主義国民主義と同じくナショナリズムNationalism)やナショナリティ(Nationality)の訳語の一つ。[6]

概要

国粋主義は、幕末より台頭した尊王攘夷論を源流とし、これが明治に入ってから政府による条約改正交渉や欧化政策への反発として現れる[6]

これは、1888年志賀重昂三宅雪嶺らの政教社が出版していた雑誌『日本人』に積極的な西洋文化の導入によって国内の近代化を図っていた明治政府が推進する欧化主義に反発する志賀の論文「国粋保存旨義」が発表されたのをきっかけとして使われるようになり、明治政府の政策を非難し、日本本来の長所を重視することを主張した[2][3]。この「国粋保存旨義」が「国粋」や「国粋主義」の語源である[3]

徹頭徹尾日本固有の旧分子を保存し旧原素を維持せんと欲するものに非ず、只泰西の開化を輸入し来るも、日本国粋なる胃官を以て之を咀嚼し之を消化し、日本なる身体に同化せしめんとする者也志賀重昂

という志賀の言葉からも分かるように、明治中期の国粋主義は排外的ナショナリズムとは異なり、欧化それ自体に反発するのではなく日本の文明を主体的に発達させるためとして西洋文明を部分的に採択するという特質があり[6]、国民の対外的独立と結びつけながら圧倒的な欧化主義の風潮の中で伝統文化生活様式を保存する意義を主張していた[4]

しかし、日本に対する包囲を進めていた欧米に対し、世論には異質の外来文化や思想に対する嫌悪感が広がっていった[4]。同じくして高山樗牛木村鷹太郎らによって提唱された[6]国民的道徳の実践を主張する日本主義の影響を受け、伝統主義天皇制擁護の立場から右翼の行動原理として社会主義の大衆運動に対抗しつつ[2]、昭和初期の満州事変から日中戦争にかけてファッショ的な政治運動へと進展していき、太平洋戦争期には皇国史観日本精神論といった国家主義的なイデオロギーとなった[6]。このように国粋主義は時代により変遷こそすれ、一系天皇をいただく日本の国家体制の優位性や永続性を強調する国体論点において一貫している[3]

その他の用法

前述の歴史的な事情から国粋主義をファシズム超国家主義と一元的に受け取られることが往々にして起きやすく[6]ドイツナチズムイタリアのファシズムまでも指す場合もある[2]

脚注

  1. 小西友七南出康世『ジーニアス英和辞典 第4版』大修館書店、2006年、1292頁。ISBN 978-4-469-04170-5。
  2. 百科事典マイペディア コトバンク. 2018年10月23日閲覧。
  3. 世界大百科事典 第2版 コトバンク. 2018年10月23日閲覧。
  4. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 コトバンク. 2018年10月23日閲覧。
  5. 大辞林 第三版 コトバンク. 2018年10月23日閲覧。
  6. 西田毅. 国粋主義 こくすいしゅぎ”. コトバンク. 日本大百科全書(ニッポニカ). 2020年1月21日閲覧。

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.