国友一貫斎

国友 一貫斎(くにとも いっかんさい、九代目国友 藤兵衛(- とうべえ) 安永7年10月3日1778年11月21日) - 天保11年12月3日1840年12月26日))は鉄砲鍛冶師、発明家。幼名は藤一。号は一貫斎、眠龍。諱は重恭。能当(旧字では能當)と銘を切る。日本で最初の実用空気銃反射望遠鏡を製作。その自作の望遠鏡を用いて天体観測を行った。

国友一貫斎
国友一貫斎屋敷(長浜市国友町)
国友一貫斎の望遠鏡
月のスケッチ(1836年)
自邸前の「星を見つめる少年」像

生涯

近江国国友村滋賀県長浜市国友町)の幕府の御用鉄砲鍛冶職の家に生まれた。9歳で父に代わって藤兵衛と名乗り、17歳で鉄砲鍛冶年寄脇の職を継いだ。

文化8年(1811年)、彦根藩の御用掛となり二百目玉筒を受注することとなったが、国友村の年寄4家は自分たちを差し置いてのこの扱いに異議を申し立て長い抗争に発展した(彦根事件)。しかし一貫斎の高い技術力が認められ、文政元年(1818年)に年寄側の敗訴となった。

文政2年(1819年)、オランダから伝わった風砲(玩具の空気銃)を元に実用の威力を持つ強力な空気銃である「気砲」を製作。その解説書として「気砲記」を著し、後には20連発の早打気砲を完成させた。

文政年間、江戸で反射望遠鏡を見る機会があり、天保3年(1832年)頃から反射式であるグレゴリー式望遠鏡を製作し始めた。口径60mmで60倍の倍率の望遠鏡は当時の日本で作られていたものよりも優れた性能であり、鏡の精度は2000年代に市販されている望遠鏡に匹敵するレベルで100年以上が経過した現代でも劣化が少ないという[1]。後に天保の大飢饉等の天災で疲弊した住人のために大名家等に売却されたと言われ、現在は上田市立博物館(天保5年作、重要文化財)、彦根城博物館に残されている。

その他、玉燈(照明器具)、御懐中筆(万年筆毛筆ペン)、鋼、神鏡(魔鏡)など数々の物を作り出した発明家である。この他に人が翼を羽ばたかせて飛ぶ飛行機「阿鼻機流」を作ろうとしていた事もある[2]。また、彼は自作の望遠鏡で天保6年(1835年)に太陽黒点観測を当時としてはかなり長期に亘って行い、他にも土星、一説にはその衛星のスケッチなども残しており、日本の天文学者のさきがけの一人でもある。

天保11年(1840年)、国友村にて死去。享年63。

昭和15年(1940年)、従五位を追贈された[3]

令和2年(2020年)10月、一貫斎の生家(現在の長浜市)から反射望遠鏡を作る時に使ったレンズねじ回し砥石などの道具や材料が多数、発見された[4][5]

国友藤兵衛家

国友村で年寄脇(年寄の次席)を勤める御用鉄砲鍛冶の家の一つ。辻村家とも言う。

一貫斎はこの9代目にあたるが、特に著名であるため説明なく彼を指して「国友藤兵衛」と呼ぶことが多い。初代・辻村(国友)藤内は美濃国の鍛冶師の出身であり、永正年間に近江国国友村に移り住んだと言われている。その跡を継いだ2代目以降の当主の多くが国友藤兵衛を名乗った。他の国友鍛冶職人は重当(旧字:重當。弾が「重ねて当たる」の意)の銘を用いるのが通例だが、藤兵衛家のみ能当(旧字:能當。「能(よ)く当たる」の意)を用いる。明治時代に入り11代目当主以降は鉄砲鍛冶を廃業している。

  1. 辻村藤内
  2. 国友藤兵衛
  3. 国友藤兵衛
  4. 国友吉十郎能直
  5. 国友藤兵衛有昌
  6. 国友藤兵衛重光
  7. 国友藤内好定
  8. 国友藤兵衛重倫
  9. 国友藤兵衛重恭
  10. 国友藤兵衛元俶
  11. 国友藤平能恭

登場作品

脚注

参考文献

関連項目

外部リンク

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.