国分象太郎

国分 象太郎(こくぶ しょうたろう、文久2年8月5日[1]1862年8月29日) - 大正10年(1921年9月7日[2])は、日本の外交官朝鮮総督府官僚

国分象太郎

経歴

長崎県出身。1882年明治15年)、朝鮮公使館医院通弁として出仕し[3]、朝鮮公使館二等通訳官[4]、同一等通訳官、同三等書記官[5]、同二等書記官[6]アメリカ合衆国二等書記官を歴任した[7]。その後、統監府書記官に転じ、統監秘書官を兼ねた[1]1910年(明治43年)、朝鮮総督府が設置されると人事局長となり、中枢院書記官長を兼ねた[1]1915年(大正4年)、李王職書記官に転じ[8]1917年(大正6年)に李王職次官に昇進した[9]

栄典・授章・授賞

勲章等
外国勲章佩用允許

脚注

  1. 人事興信録 1911.
  2. 『官報』第2740号、大正10年9月17日。
  3. 李王職次官国分象太郎勲章加授ノ件 アジア歴史資料センター Ref.A10112916900 
  4. 『官報』第3614号、明治28年7月17日。
  5. 『官報』第4977号、明治33年2月7日。
  6. 『官報』第5619号、明治35年4月1日。
  7. 『官報』第5764号、明治35年9月18日。
  8. 『官報』第798号、大正4年4月2日。
  9. 『官報』第1334号、大正6年1月16日。
  10. 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日。
  11. 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  12. 『官報』第7475号「叙任及辞令」1908年5月29日。

参考文献

  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1911年。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.