四門出遊

四門出遊(しもんしゅつゆう)は、釈迦がまだ太子の時、王城の東西南北の四つの門から郊外に出掛け、それぞれの門の外で老人、病人、死者、修行者に出会い、人生の苦しみを目のあたりに見て、苦諦に対する目を開き、出家を決意したという伝説。

関連項目

関連文献

  • 中村元『釈尊の生涯』平凡社〈平凡社ライブラリー〉、2003年9月。ISBN 4-582-76478-9。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.