四日市宿

四日市宿(よっかいちしゅく、よっかいちじゅく)は、東海道五十三次の43番目の宿場である[1]。現在は三重県四日市市。幕府直轄の天領であり[1]代官所が置かれていた。宮宿との間に「十里の渡し」があった[1]。宿内人別:7114人(男3522人、女3592人) 宿内総家数:1811軒(本陣2、脇本陣1、旅籠98)。

歌川広重『東海道五十三次・四日市』

最寄り駅

史跡・みどころ

日永追分


石薬師宿までの史跡・みどころ

隣の宿

東海道
桑名宿 - 四日市宿 - 石薬師宿


脚注

  1. “みなとトリビア (13) 稲葉三右衛門 四日市港の基礎築く”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 北勢版 16. (2015年9月8日)
  2. 大橋脩人 (2017年4月18日). “食旅 餅街道中膝栗毛 お伊勢さん菓子博2017 其の二 立石餅 青春時代 懐かしむ味”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 三重版 14

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、四日市宿に関するカテゴリがあります。

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.