四国海盆

四国海盆(しこくかいぼん)は、フィリピン海の北部に位置する伊豆・小笠原島弧海溝系の背弧海盆であり[1]四国紀伊半島の南方の沖に広がる。西は九州・パラオ海嶺、東は伊豆・小笠原海溝、北は南海トラフ、南は西マリアナ海盆とそれぞれ接している。水深は4000-5000m[2]。海盆は15Ma頃に拡大を停止し、海盆北部には、拡大停止後の火成活動の影響で、軸部に海山が分布し、南部には拡大末期に形成された海洋コアコンプレックスが存在する[3]

日本海盆
西フィリピン海盆
四国海盆
対馬海盆
大和海盆
パレスベラ
海盆
↑ 千島海盆  
北西太平洋海盆
日本近海の海盆

脚注

  1. 日本南方海域の背弧海盆に存在する急崖の形成過程-沈む背弧海盆と浮揚性島弧との力学的境界一
  2. 四国海盆』 - コトバンク
  3. 四国海盆海洋コアコンプレックスの発達:背弧拡大が止まるとき
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.