嘉禄

嘉禄かろく旧字体嘉祿は、日本元号の一つ。元仁の後、安貞の前。1225年から1227年までの期間を指す。この時代の天皇後堀河天皇鎌倉幕府将軍は藤原頼経執権北条泰時

改元

出典

博物志」の「承皇天嘉禄」より。

備考

この改元について、『吾妻鏡』は疱瘡流行に伴う写経記事の翌日(元仁2年5月2日)条に改元の詔書が届いたことが記されていることから、通常は疱瘡によると解されている。

だが、改元直前に藤原定家安倍泰俊に語ったところによれば、事の発端は「元仁」改元を知った武家(鎌倉幕府)が「不快」の念を伝えてきたことがきっかけであったとされ(『明月記』嘉禄元年4月15日条)、実際に改元されると定家は「改元を行っても政治を改めなければ意味がない」と批判し、更に「嘉禄」が「軽(かろ)く」に通じると不満を示している(同4月20日・21条)[1]

嘉禄期におきた出来事

元年
  • 10月、鎌倉幕府の御所を若宮大路へ移転する。
  • 12月、幕府評定所を設置する。
2年
  • 1月、九条頼経が鎌倉幕府第4代将軍に就任する。

死去

元年

西暦との対照表

※は小の月を示す。

嘉禄元年(乙酉一月二月三月※四月五月※六月七月※八月九月※十月十一月※十二月
ユリウス暦1225/2/93/114/105/96/87/78/69/410/411/212/212/31
嘉禄二年(丙戌一月※二月三月※四月五月※六月七月八月※九月十月※十一月十二月※
ユリウス暦1226/1/302/283/304/285/286/267/268/259/2310/2311/2112/21
嘉禄三年(丁亥一月二月※三月閏三月※四月五月※六月七月※八月九月十月※十一月十二月※
ユリウス暦1227/1/192/183/194/185/176/167/158/149/1210/1211/1112/101228/1/9

脚注

  1. 北爪真佐夫「元号と武家」(初出:『札幌学院大学人文学会紀要』第68号(2000年9月)/所収:北爪『文士と御家人』(青史出版、2002年) ISBN 978-4-921145-13-2)

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.