嘉慶 (清)

嘉慶(かけい、満洲語ᠰᠠᡳᠴᡠᠩᡤᠠ
ᡶᡝᠩᡧᡝᠨ
、ローマ字表記:saicungga fengšen)は仁宗の治世中に使われた元号1796年 - 1820年一世一元の制を採用していたため仁宗は嘉慶帝と称される。

出来事

西暦との対照表

嘉慶元年2年3年4年5年6年7年8年9年10年
西暦1796年1797年1798年1799年1800年1801年1802年1803年1804年1805年
干支丙辰丁巳戊午己未庚申辛酉壬戌癸亥甲子乙丑
嘉慶11年12年13年14年15年16年17年18年19年20年
西暦1806年1807年1808年1809年1810年1811年1812年1813年1814年1815年
干支丙寅丁卯戊辰己巳庚午辛未壬申癸酉甲戌乙亥
嘉慶21年22年23年24年25年  
西暦1816年1817年1818年1819年1820年
干支丙子丁丑戊寅己卯庚辰

関連項目

前の元号:
乾隆
中国の元号
次の元号:
道光
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.