嘉慶 (日本)

嘉慶かけいかきょう)は、日本南北朝時代元号の一つ。北朝方にて使用された。至徳の後、康応の前。1387年から1389年までの期間を指す。この時代の天皇は、北朝方が後小松天皇。南朝方が後亀山天皇室町幕府将軍は足利義満

改元

出典

毛詩正義』の「将有嘉慶、禎祥先来見也」から。

嘉慶期におきた出来事

2年

7月 九州探題今川貞世(了俊)が、九州で倭寇に誘拐された俘虜を返還する。

9月 将軍足利義満富士山の遊覧を行う。

死去

2年 義堂周信(享年64)、春屋妙葩(享年77)、二条良基(享年69)

西暦との対照表

※は小の月を示す。

嘉慶元年(丁卯一月※二月※三月四月※五月閏五月※六月七月※八月九月十月※十一月十二月
元中四年
ユリウス暦1387/1/212/193/204/195/186/177/168/159/1310/1311/1212/111388/1/10
嘉慶二年(戊辰一月※二月※三月四月※五月※六月七月※八月九月十月十一月※十二月
元中五年
ユリウス暦1388/2/93/94/75/76/57/48/39/110/110/3111/3012/29
嘉慶三年(己巳一月二月※三月四月※五月※六月※七月八月※九月十月十一月※十二月
元中六年
ユリウス暦1389/1/282/273/284/275/266/247/238/229/2010/2011/1912/18

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.