和洋折衷建築

和洋折衷建築(わようせっちゅうけんちく)とは、近代日本において建てられた和風建築と洋風建築の要素を意図的に折衷した建物。

幕末横浜にルーツを持つと言われ、明治維新後に日本各地で建築された。文明的とされた洋風建築の要素と伝統的なステータスの象徴であった和風建築の要素の双方を組み合わせたところに特徴がある。

代表的な建築物としては、1872年に建てられた東京三井組ハウス(後の第一国立銀行本店)や1876年に建てられた長野県旧開智学校1881年に建てられた札幌清華亭などが挙げられる。

和洋折衷建築の例

参考文献

  • 初田亨「和洋折衷建築」(『日本歴史大事典 3』(小学館、2001年) ISBN 978-4-095-23003-0)

関連項目

This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.