君津郡

日本 > 関東地方 > 千葉県 > 君津郡
千葉県君津郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)

君津郡(きみつぐん)は、千葉県にあった

郡域

1897年明治30年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域にあたる(公有水面埋立地を除く)。

つい最近までは、鴨川市を除く4市が木更津市の千葉県庁の出先機関である君津支庁の管轄であった(現在は、君津地域振興事務所の管轄)。

歴史

1.木更津町 2.真舟村 3.清川村 4.巖根村 5.金田村 6.楢葉村 7.長浦村 8.中郷村 9.根形村 10.平岡村 11.神納村 12.小櫃村 13.久留里町 14.松丘村 15.亀山村 16.富岡村 17.中川村 18.鎌足村 19.馬来田村 21.波岡村 22.八重原村 23.周西村 24.中村 25.小糸村 26.三島村 27.周南村 28.貞元村 29.飯野村 30.青堀村 31.富津村 32.秋元村 41.吉野村 42.大貫村 43.佐貫町 44.湊町 45.環村 46.関村 47.駒山村 48.天神山村 49.豊岡村 50.竹岡村 51.金谷村(紫:木更津市 赤:君津市 橙:富津市 桃:袖ケ浦市 黄:鴨川市)
1927年頃の君津郡役所

変遷表

行政

郡長

歴代郡長は以下の通りである[1]

氏名 在任期間 備考
1 板倉胤臣 明治11年11月2日〜明治12年1月6日 [1]
2 平山晋 明治12年1月6日〜明治14年2月17日 [1]
3 重城保 明治14年2月21日〜明治23年3月11日 [1]
4 佐藤幸則 明治23年5月2日〜明治23年10月4日 [1]
5 永井謙藏  明治23年10月4日〜明治30年12月13日 [1]
6 行方幹 明治30年12月13日〜明治31年5月16日 [1]
7 土屋州平 明治31年5月16日〜明治32年4月8日 [1]
8 中野協藏 明治32年4月8日〜明治35年6月1日 [1][2]
9 大野道一 明治35年6月1日〜明治39年5月21日 [1][2]
10 石原留吉 明治39年5月21日〜明治41年3月20日 [1]
11 岡巖 明治41年5月29日〜大正2年3月12日 [1]
12 藤川估 大正2年3月12日〜大正6年3月28日 [1]
13 小川正作 大正6年3月28日〜大正6年11月6日 [1]
14 山口利文 大正6年11月6日〜大正9年12月14日 [1]
15 竹內欽之助 大正9年12月14日〜大正12年2月15日 [1]
16 加藤輝夫 大正12年2月15日〜大正12年9月21日 [1]
17 新川謙ニ 大正12年10月5日〜大正13年8月4日 [1]
18 關野周治 大正13年8月4日〜 [1]

脚注

  1. [千葉縣君津郡敎育會『千葉縣君津郡誌(復刻版)』千秋社、1990年5月31日発行、八二六頁、八二七頁]
  2. 『千葉県千葉郡長行方幹以下四名任官ノ件』 - 国立公文書館デジタルアーカイブ、明治35年5月26日。

参考文献

  • 角川日本地名大辞典』12 千葉県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1984年3月1日。ISBN 4040011201。
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目

先代:
望陀郡周准郡天羽郡
行政区の変遷
1897年 - 1991年
次代:
(消滅)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.