向井輝美

向井 輝美(むかい てるみ、1929年9月19日 - 1990年4月20日)は、日本の遺伝学者。山口県出身。山口県立豊浦高等学校京都大学農学部卒業。1964年理学博士東京都立大学 (1949-2011))「キイロショウジョウバエにおける自然集団の遺伝的構成 : 生存力を支配するポリジーンの突然変異率」。国立遺伝学研究所研究員、ノースカロライナ州立大学教授などを経て、1975年九州大学理学部教授。ショウジョウバエ自然集団の遺伝学的構造の研究で、1990年学士院エジンバラ公賞受賞。

著書

  • 『集団遺伝学』講談社
  • 『集団遺伝学入門』(訳) 培風館
  • 『分子進化の中立説』(共著) 紀伊国屋書店
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.