吉田裕 (歴史学者)

吉田 裕(よしだ ゆたか、1954年11月2日 - )は、日本歴史学者[1]一橋大学名誉教授東京大空襲・戦災資料センター館長。同時代史学会代表。専攻は日本近代軍事史、日本近現代政治史[1]

埼玉県豊岡町(現入間市)出身[2]。大学では大江志乃夫、大学院では藤原彰に師事し[3]、2018年、著書『日本軍兵士-アジア・太平洋戦争の現実』でアジア・太平洋賞特別賞[4]新書大賞2019を受賞[5]

学歴

職歴

著作

単著

  • 『徴兵制』(学習の友社、1981年)
  • 『天皇の軍隊と南京事件――もうひとつの日中戦争史』(青木書店、1986年)
  • 『昭和天皇の終戦史』(岩波新書、1992年)
  • 『日本人の戦争観――戦後史のなかの変容』(岩波書店、1995年/岩波現代文庫、2005年)
  • 『現代歴史学と戦争責任』(青木書店、1997年)
  • 『日本の軍隊――兵士たちの近代史』(岩波新書、2002年)
  • 『シリーズ日本近現代史(6)アジア・太平洋戦争』(岩波新書、2007年)
  • 『現代歴史学と軍事史研究―その新たな可能性』(校倉書房、2012年) 
  • 『日本軍兵士 アジア・太平洋戦争の現実』中公新書、2017

共著

編著

  • 『日本の時代史(26)戦後改革と逆コース』(吉川弘文館、2004年)

共編著

その他

脚注

外部リンク

先代:
早乙女勝元
東京大空襲・戦災資料センター館長
2019年 -
次代:
(現職)
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.