吉田公平

吉田公平(よしだ こうへい、1942年8月31日- )は、中国哲学者、東洋大学名誉教授。陽明学を研究。専攻は中国哲学、日本近世思想史。

来歴

宮城県生まれ。東北大学文学部哲学科卒業。同大学院博士課程中退。1991年「陸象山王陽明」で東北大学文学博士九州大学助手、東北大学教養部助教授、1991年広島大学文学部教授、東洋大学教授。2013年定年退任、名誉教授。

著書

  • 『鑑賞中国の古典 第10巻 伝習録』角川書店 1988
  • 『陸象山と王陽明』研文出版 1990
  • 『伝習録 「陽明学」の真髄』たちばな出版 タチバナ教養文庫 1995
  • 菜根譚』たちばな出版 タチバナ教養文庫 1996
  • 『日本における陽明学』ぺりかん社 1999
  • 『陽明学が問いかけるもの』研文出版 研文選書 2000
  • 論語』たちばな出版 タチバナ教養文庫 2000
  • 『中国近世の心学思想』研文出版 2012
  • 『日本近世の心学思想』研文出版 2013
  • 『陽明学からのメッセージ』研文出版(山本書店出版部) 研文選書 2013

編訳

  • 『中国の古典 伝習録 「陽明学」の真髄』編訳 講談社 1988/『王陽明「伝習録」を読む』講談社学術文庫 2013
  • 『洗心洞箚記 大塩平八郎の読書ノート』たちばな出版 タチバナ教養文庫 1998
  • 中江藤樹心学派全集』小山國三共編 研文出版 2007

記念論文集

  • 『哲学資源としての中国思想 吉田公平教授退休記念論集』研文出版 2013

参考

  • [ISBN 978-4-06-292172-5]
  • 『現代日本人名録』2002年 
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.