吉田三郎兵衛

吉田 三郎兵衛(よしだ さぶろうべえ、1860年5月21日万延元年4月1日[1] - 没年不明)は、日本の醤油醸造家、神奈川県多額納税者[2]政治家(神奈川県橘樹郡郡会議員[3]大綱村村長[3])。弟は貴族院議員の上郎清助[4]

人物

武蔵国橘樹郡大豆戸村(現・神奈川県横浜市港北区大豆戸町)の人である[5]。吉田家は屋号を「堀上(ほりあげ)」といい、天保年間より醤油醸造業を営んでいた[3]

醤油製造業を営み[6]、橘樹郡の郡会議員、大綱村村長、耕地整理組合長などを歴任した[3]貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有した[1]

脚注

  1. 『貴族院多額納税者名鑑』79頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月16日閲覧。
  2. 『日本紳士録 第29版』附録 全国多額納税者 神奈川県 兵庫県13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月16日閲覧。
  3. シリーズ わがまち港北、第129回 港北の名望家 -大日本博覧絵-、公益財団法人 大倉精神文化研究所公式サイト。
  4. 『人事興信録 第11版 上』コ157頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月16日閲覧。
  5. 『大日本博覧絵』64ノウ-65ノオ頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月16日閲覧。
  6. 『日本紳士録 第36版』横浜ヨ、ラの部72頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月16日閲覧。

参考文献

  • 石原徳太郎編『大日本博覧絵』石原徳太郎、1889年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第29版』交詢社、1925年。
  • 織田正誠編『貴族院多額納税者名鑑』太洋堂出版部、1926年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第36版』交詢社、1932年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937-1939年。
This article is issued from Wikipedia. The text is licensed under Creative Commons - Attribution - Sharealike. Additional terms may apply for the media files.